Contact Us
Header-Banner

ソフトウェア収益化とは何か?

ソフトウェア収益化(Software Manetization)とは、組織がその知的財産の収益性を増やすために実施するさまざまな対策を採用することを意味します。 これらの戦術は、洗練された著作権侵害対策やIP保護技術から創造的な価格設定とパッケージング戦略まで及びます。 

個々のソフトウェア収益化の技術が、複数の技術の組み合わせよりもすばらしいということはありません。この点ご注意ください。 どのようなソフトウェアアプリケーションのタイプが開発されたとしても、あるいはそのアプリケーションが顧客にどのように提供されたとしても、包括的なソフトウェア収益化戦略がうまくいくかどうかは、4つの主要な要素で決まります。すなわち、ソフトウェアパブリッシャは、どれくらい効果的に提供物をパッケージして、コントロールして、管理して、追跡調査できるか、ということです。

今すぐ、上記のタブを使用して、ソフトウェア収益化のための4つのポイントを確認してください。

ソフトウェアマネタイゼーション - 4つの核となる局面
View パッケージング リソースライブラリ

一般的に考えられていることとは異なり、ソフトウェアのパッケージングという作業は1回限りのイベントではありません。世界中の製品マネージャが期待しているにもかかわらず、「1つのパッケージがすべての要求を満たす」ということはありえません。

貴社は市場で最も洗練されている機能豊富な提供物を手に入れることができますが、柔軟性のある価格設定とライセンシングのモデルを提供できないなら、貴社の可能性を最大に延ばせないでしょう! そして、作業が完了しても、企業とエンドユーザによる絶えず進化するニーズを満たすには、貴社の価格設定とパッケージングのスキームをすべてすぐに変更する能力が必要になります。

では、ソフトウェアのパッケージングの世界で成功するには何が必要になるのでしょう?

  • 製品の汎用性 – 顧客がお金を払いたいと思っている物を利用する
  • ライセンスモデルの柔軟性 – 顧客がそれにいくら払いたいと思っているのかを理解する
  • ビジネスモデルの機敏性 – 新しい顧客の要求に柔軟に適応する

 効率的なソフトウェアの価格設定とパッケージングの戦略を構築する方法について今すぐ学んでください。

View コントロール リソースライブラリ

コントロールは効率的なソフトウェアの収益化にとって非常に重要です。 世界中の創造的な価格設定とパッケージングはいずれも、貴社が知的財産の認証された使用や配布を防ぐ方法を持たない限り、何の役にも立ちません。 ソフトウェアに有効なコントロールをすることで、以下のことがソフトウェアパブリッシャにとって可能になります。

ソフトウェアコントロールとは収益を保護することだけにかかわるのではありません。それはまた製品とブランドの評判の完全性を保護する組織の能力にもかかわります。.

今すぐ、ソフトウェア保護とライセンシングについて学んでください

View 管理 リソースライブラリ

利益を上げるには、収益を増やすことも大切ですが、コストを減らしてコントロールすることも同じように大切です。 従って、効果的な製品提供物の価格設定、パッケージ、請求書作成、管理を良くするためにすべてのシステムを適所に配置することが重要になります。そしてそれらがお互いに簡単に統合できるばかりでなく、内外の利害関係者が簡単かつ容易に使えるようにしなければなりません。. 効果的なソフトウェアマネタイゼーション管理は、以下の3つのことに焦点を合わせます。

  • 集中化
  • 自動化
  • エンドユーザイネーブルメント

適切なエンタイトルメント管理ツールを配置すると、ライセンス、エンタイトルメント、そしてソフトウェア提供のプロセスのすべてのステップが、内部的に透明化された、かつエンドユーザフレンドリーなやり方で簡単に自動化できます。 システム不可知論者的 (テクノロジにとらわれない) で、柔軟性のあるエンタイトルメント管理ソリューションを採用すると、時間を消費する手動のタスクを自動化して、人によるエラーを排除し、エンドユーザのエンタイトルメントのステータスと利用傾向を永続的に追跡調査できるようになります。

今すぐ、製品の調達、提供、追跡調査、管理、およびサポートの各プロセスについて学び、効率的なソフトウェアライセンスとエンタイトルメント管理を通じて顧客のセルフサービスを促してください

View 追跡調査 リソースライブラリ

エンドユーザがエンタイトルメントを持つもの、および彼らが (いつ、そしてどの程度まで) 消費しているものを効率的に追跡調査して、簡単にレポート作成できる能力は、包括的なソフトウェアマネタイゼーション戦略の主要側面になります。 製品利用の追跡調査は以下のことに必要な洞察をビジネスに提供します。

  • ライセンス契約のコンプライアンス状況を追跡調査してレポートを作成します。
  • 使用傾向に基づいて製品のロードマップ投資を最適化します。
  • 自動化されたマーケティングと販売のプロセスを作成します。
  • 将来のパッケージング戦略を促進します。

製品と機能の利用状況を追跡調査できる能力は、投資とリソース配分を最適化することに役立つだけでなく、実際のエンドユーザの行動に基づいたソリューションの価格設定、パッケージング、およびマーケティングを効率的に行うことを可能にします。

利用状況に関するデータは貴社にとって貴重なだけではありません。貴社のエンドユーザにとっても貴重なのです。 このデータのすべてまたは一部をエンドユーザにとってアクセスしやすくすることは、エンドユーザに対して、彼らがライセンス契約のコンプライアンスを確認し、積極的に大型の企業展開を管理するのに必要な情報を与えることになります。

ソフトウェア利用状況を追跡調査したデータにてこ入れして、ビジネスのプロセスを改良して顧客満足度を向上させる方法を今すぐ学んでください。

View 概要 リソースライブラリ