Contact Us
Header-Banner

Sentinel RMS

業界で最も柔軟で、エンドユーザーが使いやすいライセンス管理ソリューション

Sentinel RMS は強力なライセンス施行および実施ソリューションであり、ソフトウェアベンダーやテクノロジーベンダーのアプリケーションが展開され、使用される方法に対するコントロールと視認性をこれらのベンダーに供給します。拡張可能で柔軟なライセンス管理に重点を置いた RMS は、中規模から大規模企業環境に導入されるアプリケーションに最適です。

RMSデモ RMS の実装により、貴社製品を管理する条件の施行のため、ソフトウェアライセンシング契約が結び付けられます。著作権侵害のリスクを軽減することに加えて、RMS は各種のライセンスモデルを提供して、貴社製品の柔軟な価格設定とパッケージ化が簡単に行えるようにします。

SafeNet の企業向け Webベース管理システムである Sentinel EMS と組み合わせることにより、Sentinel RMS はライセンスライセンス管理および施行の完全なソリューションを提供します。

Sentinel RMS は、業界をリードする企業向けソフトウェアベンダーやハイテクデバイスメーカーによって導入されています。当社のお客様の Sentinel RMS 導入の成功事例を読むには、ここをクリックしてください。

View 仕様 リソースライブラリ

プラットフォームのサポート: 

  • Microsoft Windows 
  • Linux
  • Apple Macintosh
  • Sun Solaris
  • HP UX
  • IBM AIX

Sentinel Codecover サポートには、純粋な Microsoft .NET アプリケーションのセキュリティ強化が含まれています。

すべての RMS プラットフォームには、32ビットおよび64ビット環境のサポートが含まれています。詳しい技術仕様については、

最寄りの SafeNet オフィスまでお問い合わせください。

Java ベースのプログラミングフレームワークである Sentinel Caffe は、各サポートプラットフォームの個別 JNI レイヤを構築し、維持管理する間接費を軽減するためにご利用しただけます。

View 機能と利点 リソースライブラリ

柔軟なソフトウェアライセンス施行

RMS の使用により、ソフトウェアベンダーは各種のソフトウェアライセンシングモデルを提供し、柔軟な価格設定とソフトウェア製品のパッケージ化が簡単に行えるようにして、収益機会を増やすことができます。Sentinel RMS では、新しいソフトウェアライセンシングモデルに対する販売リーダーの要求を、貴社のアプリケーションを変更することなく、簡単に満たすことができます。

RMS のハイレベルの API は、業界で最も広範囲なソフトウェアライセンスモデルをサポートしています。RMS は、各種のソフトウェア評価モデルから、スタンドアロンのノードロックや、ネットワークライセンス展開、およびリモートユーザーまで、あらゆるビジネスモデルをサポートします。RMS では、フィーチャベースのライセンシングや、従量課金およびフローティングライセンスを簡単に実装できます。

最高の顧客使用感

Sentinel RMS は、Grace Period Licensing™ などの信頼できるエンドユーザー使用感を確保するツールを提供して、正当なユーザーがネットワーク中断によってアプリケーションへのアクセスが拒否されることはありません。さらに、冗長ライセンスサーバにより、フェイルオーバーのサポートや企業顧客の高可用性を可能にします。

拡張可能なソフトウェアライセンシングのセキュリティ

Sentinel RMS では、様々な方法でライセンシングの施行が可能であり、エンドユーザーへの透明性のレベルをコントロールできます。ソフトウェアセキュリティは、追加の開発コストを被ることなく、フルフィルメント時に簡単に調整することができます。

RMS では、ライセンスを独創的なマシンフィンガープリント、SafeNet ソフトウェアライセンシングハードウェアキー、またはカスタム定義したロックコードに結合することができます。これは、アプリケーションがインストールに結合される方法に完全な柔軟性を提供します。

簡単なライセンスサーバ管理による最小限の顧客中断

エンドユーザーのイライラは、すぐにサポートコストの増加や収益の損失をもたらします。Sentinel RMS では、ライセンシングが柔軟で、苦労がいらないとともに、ソフトウェアライセンスのコンプライアンスが確保されます。例えば、RMS にはインストールが簡単で、設定が不要なクロスプラットフォームライセンスサーバが含まれています。

さらに、RMS は便利なライセンス管理ツールを貴社の顧客に提供します。Sentinel RMS License Manager はベンダー固有の機能を組み込み、エンド顧客が固有の RMS License Manager インスタンスを他の License Manager とともにマシン上で管理できるようにします。これにより、独立したログの使用が可能になり、コンフリクトを避けるために環境変数などのグローバル設定を無視します。RMS は、ライセンス有効期限と利用状況統計の不可欠な情報を提供して、正直なユーザーを正直なままに保ちます。すべてのライセンシング活動は自動的にログされ、エンド顧客が永続的な記録を持つことができるようにします。またライセンスサーバ管理は、システム管理者に現在のライセンシング活動に対するリアルタイムの視認性を与えます。

Protect Once – Deliver Many™

Sentinel RMS はソフトウェア保護プロセスをライセンシングのビジネス要素から分離し、エンジニアリングの関与なしに新規プロダクトや価格設定戦略を素早く定義できるようにします。ライセンスパラメータは、アプリケーションではなく、ライセンス内に設定されるため、実装時に定義する必要があるパラメータが非常に少なくなります。

Sentinel EMS によるソフトウェアライセンス ライフサイクル管理

SafeNet の企業向け Webベース管理システムである Sentinel EMS と組み合わせることにより、Sentinel RMS はライセンス管理および施行の完全なソリューションを提供します。

Sentinel EMS を使用すると、お客様はライセンスライフサイクル全体を通じて手動での時間のかかる業務、コンプライアンス、およびレポート機能を簡素化できます。EMS はお客様にバラバラなライセンシングシステムを一元管理する手段を提供し、各自のソフトウェアライセンスを管理する社員、パートナー、およびエンドユーザーに単一の一貫性のあるインタフェースを供給します。

プロフェッショナルサービスとテクニカルサポート

SafeNet プロフェッショナル ソフトウェアライセンシング サービスチームをご利用いただけます。貴社による Sentinel RMS の計画と実装を支援して、最適な時間枠でその利点を最大限に実現できるようにします。SafeNet テクニカルサービス組織は、世界中のお客様に対して、電話、電子メール、およびインターネットベースのサポートを提供しています。当社の SafeNet サービス保証は、貴社が常に最高レベルのサービスを受け取れるようにします。

Java ベースのプログラミングフレームワーク

Sentinel Caffe は、各サポートプラットフォームの個別 JNI レイヤを構築し、維持管理する間接費を軽減するためにご利用しただけます。

View 無料トライアル リソースライブラリ

Sentinel RMS の無料トライアルについては、以下をクリックしてください:

Sentinel RMS トライアル

View 購入方法 リソースライブラリ

お問合せにはこちらのフォームをお使いください

日本
電話番号:03-5776-2751
こちらのフォームをご記入ください
ヨーロッパ
電話番号:44-01276-608000
こちらのフォームをご記入ください
アジア本社
電話番号:852-3157-7111
こちらのフォームをご記入ください

アメリカ
電話番号:866-251-4269
こちらのフォームをご記入ください

オフィスロケーション
パートナーを指定
オーダーに関するお問い合わせ
View 概要 リソースライブラリ
CTA - Have Questions-Software Monetization?_JP
CTA - Trust the Licensing Experts_JP