Contact Us
Header-Banner

Sentinel LDK

不正コピー防止、知財保護、ライセンシングのすべてを網羅したソフトウェア・マネタイゼーションソリューション

 Sentinel LDK (License Development Kit) は、数々の賞を獲得したソフトウェアのコピー防止および知的財産保護機能と、Webベースのエンタイトルメント管理システムであるSentinel EMS組み合わせた包括的なソフトウェア・マネタイゼーションソリューションです。ソフトウェア開発会社やソフトウェアベンダーは、オンプレミス(自社運用)環境またはSentinel管理ASPによるクラウド環境で、Sentinel LDKを速やかに稼働させることができ、ソフトウェア製品のスムーズな配布と信頼性・セキュリティの強化を実現できます。

Sentinel LDKは、3種類(Sentinel HL、Sentinel SL、Sentinel CL)の業界トップクラスのプロテクションタイプをラインアップしています。各プロテクションタイプは、物理的パッケージでの配布、精密機器へのソフトウェア組み込み、オンライン配信、クラウドサービスとしての提供など、多様な配布・販売チャネルに対応します。また、SafeNet独自の革新的なCross-Locking™テクノロジーの採用により、ハードウェア/ソフトウェアのライセンス配布とロッキングオプションの組み合わせをビジネスニーズに応じて活用できます。以下のように、プロテクションタイプごとに特徴的なアドバンテージが備わっています。

 

Sentinel HL Sentinel HL によるハードウェアベースのライセンシング – Sentinel HL(Hardware Licensing) キーファミリは、広範囲のタイプ・フォームファクターを用意し、入手可能な最高レベルのコピーおよび知的財産保護機能を提供します。キーがデバイスに接続されている場合のみ、ソフトウェアへのアクセスと実行を許可して、ライセンス/知的財産を強固に保護します。Sentinel HL キーは、セキュリティを最要視しているソフトウェアベンダーにとって最適なソリューションとなります。例えば、プロテクトされたソフトウェアをUSB トークンまたは ExpressCard対応デバイスを介して実行するといったシナリオでは、デバイスの基板にダイレクトで組み込む、きわめてセキュアなオプションを利用することが可能です。

Sentinel SL Sentinel SL によるソフトウェアベースのライセンシング – Sentinel SL(Software Licensing)キーは、Sentinel HLプロテクションテクノロジーに基づくソフトウェアベースの仮想キーで、エンドユーザーが使うPCやデバイスのストレージで安全に稼働します。Sentinel SLでは物理的に製品を配布することがないため、ソフトウェアベンダーは製品を迅速に配布でき、エンドユーザーは製品をただちにインストールして使い始めることができます。エンドユーザーが、より柔軟性のあるライセンス配布方法を必要としているソフトウェアベンダーに最適です。

Sentinel CL Sentinel CLによるクラウドベースのライセンシング – Sentinel CL(Cloud Licensing)は、クラウドソリューションとして利用するソフトウェアプロテクションタイプです。Sentinelクラウドをソフトウェアベンダーの製品管理の仕組みに統合することで、ユーザーの視座に立った利便性の高いライセンス管理が可能になります。ユーザーがPCやデバイス、仮想マシンからクラウドを介してソフトウェアベンダーの製品にアクセスすることで、自動化されたリアルタイムなライセンス実施、操作性にすぐれた利用度トラッキング、後払いのライセンシングモデルなど、ユーザーに多様な価値と選択肢を提供したいソフトウェアベンダーに最適です。

 

これらのプロテクションタイプをそろえて、Sentinel LDK は、ソフトウェアベンダーが包括的で、すぐに使えるソフトウェア・マネタイゼーションソリューションを提供します。ソフトウェアベンダーの重要な知的財産であるソフトウェア製品をセキュアに保護し、運用プロセスを簡素化するのに加えて、エンドユーザーの操作エクスペリエンスをも向上しながら、ソフトウェアビジネスの収益の最大化を図ることができます。

Sentinel LDK の導入により、ソフトウェアベンダーは以下のようなことが可能になります。 

    • ソフトウェアコピー防止と知的財産保護  - ソフトウェアの不正使用・配布を防ぎ、かつソフトウェアベンダーにとって競争の源泉である知的財産を強固に保護することによって、収益を最大化します。
    • 柔軟性に富んだソフトウェアカタログ管理  -革新的で柔軟性に富むソフトウェアカタログ管理の仕組みを提供し、新規市場への参入などの際、エンドユーザーの視座に立った製品の提供を容易にします。
    • 統合・自動化されたライセンシング運用  - ライセンシング処理にかかわる手動操作のタスクを排除することで、ソフトウェアベンダーの担当者は業務時間を短縮しながらエラーを最小にし、コストを削減できます。
    • エンドユーザーライセンス管理ツール  - エンドユーザーのソフトウェア使用状況に関して透明性を高めるとともに、顧客満足度を向上させながら、ライセンシングサポートのコストを抑制します。
    • 先進の仮想化サポート -ライブマイグレーション(仮想マシンを動作中のまま移動する機能。VMware vSphere vMotionなどの製品に備わる)のような仮想環境の高度な機能向けに、業界初で唯一の FQDN (完全修飾ドメイン名) ロッキングを採用するなど、仮想環境におけるセキュリティのさらなる強化が図られています。
    • 詳細な追跡調査とレポート   ソフトウェア製品が、いつ、どのように、だれによって使われるのかに関する洞察を得て、製品やビジネスの向上につながる的確な意思決定を行えるように支援します。 

 

Sentinel LDKは、ハードウェアベース、ソフトウェアベース、クラウドベースのライセンス配布・ロック・管理機能をすべて単一のソリューションで提供する、業界初にして唯一の包括的なソフトウェア・マネタイゼーションソリューションです。SafeNetでは、ソフトウェアベンダー担当者の操作性向上、エンドユーザーの製品使用状況に関する透明性向上、製品ライフサイクル全体の統合、セキュリティの機能強化など、よりよいライセンシングソリューションを提供すべく、日々さまざまな取り組みを行っています。これらの取り組みと相まって、Sentinel 製品ファミリの導入が、お客様の環境においてすぐれたライセンス/エンタイトルメント管理フレームワークを実現し、現在および未来のビジネスを大きく向上させる選択となることをお約束します。 

 

  
View 技術仕様 リソースライブラリ

サポートされるオペレーティングシステム

Windows

Sentinel LDKランタイム環境 (x86およびx64プラットフォーム)   

  • Windows XP
  • Windows Vista
  • Windows 7
  • Windows 8/8.1
  • Windows Server 2003
  • Windows Server 2008/2008 R2
  • Windows Server 2012/2012 R2
  • Windows XP Embedded Standard(x86のみ)
  • Windows 7 Embedded Standard(x86のみ)

 Sentinel LDKランタイム環境は、Microsoftによって「Windows 8 互換」(x86および x64プラットフォーム)として認定されています 

Sentinel LDK ベンダーツール (x86およびx64プラットフォーム)

  • Windows XP SP3
  • Windows Vista
  • Windows 7
  • Windows 8/8.1
  • Windows Server 2003
  • Windows Server 2008/2008 R2
  • Windows Server 2012 R2

最新のサービスパックおよびセキュリティアップデートをインストールする必要があります

Sentinel EMSサービス (x86およびx64プラットフォーム)  

  • Windows XP SP3(x86)およびSP2(x64)
  • Windows Server 2003 SP2
  • Windows 2008 SP2/ 2008 R2 SP1
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Vista SP2
  • Windows 7 SP1
  • Windows 8/8.1

データベースx86およびx64プラットフォーム)

  • Microsoft SQL Server 2005
  • Microsoft SQL Server 2005 Express Edition(リモート接続が有効であること)
  • Microsoft SQL Server Enterprise 2008/2008 R2

Mac OS

Sentinel LDKランタイム環境およびベンダーツール:

  • Mac OS X 10.6.8(32ビット版および64ビット版、Intelプラットフォームのみ)
  • Mac OS X 10.7.5/10.8.5(64ビット版、Intelプラットフォームのみ)
  • Mac OS X 10.9.2

Linux

Sentinel LDKランタイム環境およびベンダーツール: (x86およびx86_64プラットフォーム)

  • openSUSE 12.3
  • Red Hat Enterprise Linux 5.10/6.5
  • Ubuntu Desktop/Server 12.04.3
  • Ubuntu Server 10.04.4
  • Debian GNU/Linux 6.0.8
  • CentOS 6.5
  • Linux ARM with Sentinel LDK Embedded

最新のサービスパックおよびセキュリティアップデートをインストールする必要があります


 
  Wine

Sentinel LDK ランタイム環境

  • Wine 1.4.1(Linuxプラットフォーム)

  

サポートされる仮想マシンプラットフォーム  

Sentinel LDK はプロテクトされたアプリケーションのインストールを次の VM プラットフォームでサポートしています:

  • Virtual Box 4.3.2
  • VMware Player 5.0.2
  • Hyper-V Server 2012 R2 (SL のみ)
  • VMware Workstation 10
  • VMware ESXi 4.x (注:これは、Windows XP および Windows 7 ゲスト オペレーティングシステムのみでテストされました)
  • VMware ESXi 5.1
  • XEN 4.3
  • KVM (RHEL 6.5、Ubuntu 12.04 Server、Debian 6.0.8)
  • Parallel Desktop 9 for Mac

 

サポートされるWebブラウザ

Sentinel EMSユーザーインタフェース

  • Microsoft Internet Explorer 8/9/10(32ビット版)
  • Mozilla Firefox 22(32ビット版)
  • Google Chrome 23以降(32ビット版)

プロテクションキーにアクセスするSentinel EMSでの各種アクション (書き込み、リサイクル、キーのチェックイン、オンラインアクティベーションなど) には、32ビット版のWeb ブラウザを使用する必要があります。その他のアクションには、32ビット版に加えて64ビット版のWebブラウザを使用できます 

Admin Control Center 

  • Microsoft Internet Explorer 8/9/10(32ビット版)
  • Mozilla Firefox 22(32ビット版)
  • Google Chrome23以降(32ビット版)
  • Safari 5.0/6.0(Mac OS版)

 

View 機能とメリット リソースライブラリ
機能
  • Protect Once, Deliver Many, Evolve Often というSafeNet独自の設計理念に基づき、ビジネスとエンジニアリングの両プロセスを分離し、ソフトウェアベンダーが業務効率とビジネスの機敏性を共に最大化することを可能にします。
  • 柔軟なライセンシング の選択肢により、永続モデルや時間ベースのライセンシングモデルから利用ベース、サブスクリプションプランまで、業界で最も広範囲なビジネスモデルの中から、自社に最適なモデルを選びとることができます。
  • クロスロッキング テクノロジーにより、ソフトウェアベンダーは、ハードウェアベースおよびソフトウェアベースのライセンス保護キーの任意の組み合わせで、自社のビジネスに即したソフトウェアライセンシング戦略を施行できます。
  • AppOnChip搭載のSentinel Envelope、ホワイトボックス暗号化など、多数の賞を獲得したセキュリティ機能群により、ライセンスの不正使用・配布、ソフトウェア改ざんおよびリバースエンジニアリングなどのライセンス違反行為からアプリケーションを強固に保護します。
  • Sentinel EMS は、集中操作が可能なWebベースのエンタイトルメント管理ソリューションです。ソフトウェアベンダーとそのエンドユーザーが、ソフトウェア製品のエンタイトルメントについて、配布/アクティベーションからライフサイクル管理、その後の追跡調査まで一貫して管理できるようにします。 
  • 安全な時間ベースライセンシングを可能にする Sentinel V-Clockにより、リアルタイムクロックのオンボードバッテリーなしで、時限付きソフトウェアに対する時刻改ざんによる不正使用を防ぎます。
  • 利便性にすぐれた管理サービスもSentinel EMSの大きな特徴です。スムーズな配布と、信頼性、セキュリティの向上のために、Sentinel 管理ASPを用いてクラウド環境で稼働させることができます。
  • Sentinel Insight は、ソフトウェアベンダーとそのエンドユーザーのために、ソフトウェアの詳細な利用状況追跡およびレポート機能を提供します。

 
メリット 
  • 収益の最大化 -ソフトウェアの不正使用・配布を防ぐことで、ソフトウェアベンダーは、あらゆる自社製品・サービスの使用への公正な対価を確保できます。
  • 管理コスト削減とエンドユーザーの操作性向上 - エンドユーザーに一定のセルフサービス管理の権限を提供することで、サポートコストを削減するだけでなく、エンドユーザーの操作エクスペリエンスと満足度を大幅に向上させることができます。
  • ビジネスの俊敏性  - 製品のパッケージング、ライセンシング、価格設定モデルに対し、即座に変更を施すことが可能なため、新規かつ発展市場への参入などのビジネス展開などで俊敏なアクションを起こすことができます。 
  • サポート負荷/コストの削減  -開発チームにかかる製品パッケージングの負担を大きく軽減し、手間と時間のかかるマニュアル型の顧客サポート/サービスをコストと共に削減します。
  • 詳細なエンドユーザー情報  - アクティベーション履歴とソフトウェア利用状況などの詳細な情報が、ソフトウェアベンダーのビジネス上の意思決定を迅速化するのに役立ちます。
 
 
View 無料トライアル リソースライブラリ

Sentinel LDKの無料トライアルは、下記をクリックしてください。

Sentinel LDKをダウンロード

View 購入方法 リソースライブラリ

お問合せにはこちらのフォームをお使いください

日本
電話番号:03-5776-2751
こちらのフォームをご記入ください
ヨーロッパ
電話番号:44-01276-608000
こちらのフォームをご記入ください
アジア本社
電話番号:852-3157-7111
こちらのフォームをご記入ください

アメリカ
電話番号:866-251-4269
こちらのフォームをご記入ください

オフィスロケーション
パートナーを指定
オーダーに関するお問い合わせ
View 概要 リソースライブラリ