Contact Us
Header-Banner

Sentinel HL Max – Chipフォームファクタ

オンチップソリューションを既存のハードウェアにシームレスに統合

Sentinel HL Max(Chip)Sentinel HL Maxは、組み込みシステムで実行されているソフトウェアを保護し、ライセンスを実施するのに最適なソリューションです。製品設計にとって不可欠のライセンス保護および実装を、完全に見えない形で提供します。

シングルチップの包括的ライセンシングソリューションにより、既存のハードウェアにシームレスに統合できます。

View 仕様 リソースライブラリ

Sentinel HL Maxの技術仕様:

セキュリティ

一意の32ビットデータ

はい

機密保護された通信チャネル

はい

AES 128ビット暗号化

はい

リモートアップデート – RSAデジタル署名

はい

64,000の暗号化キー

はい

メモリ

保護された読み取り/書き込みメモリ

4 KB

読み取り専用メモリ(ROM)

2KB

下位互換性メモリ

4 KB

増設メモリ(ドライバレス構成で提供)

26KB

データリテンション

10年以上

書き込みサイクル(EEPROM)

1,000,000以上

キーごとにライセンス可能な最大モジュール(フィーチャ)数 – HASP構成

57~231(ライセンスの複雑さに依存)

キーごとにライセンス可能な最大モジュール(フィーチャ)数 – ドライバレス構成

240~2160(ライセンスの複雑さに依存)

物理的仕様

フォームファクタ

チップ

動作温度

-25˚C~85˚C

-13˚F~185˚F

湿度定格

0~95%

消費電力 – 動作時 / 待受け時

20mA / < 0.5 mA

外形寸法 L × W × H (mm)

8.2 × 5.3 × 2.1

フィーチャ、サイジング、技術仕様など、Sentinel HLの各フォームファクタについて詳しくは、Sentinel カスタマーコミュニティの新設Sentinel HLページを参照してください。
各種Sentinel HLキーの詳細な技術情報については、データシートを参照してください。
View 機能と利点 リソースライブラリ

メリット概要:

  • 下位互換性 – 現行のSentinel HASP HL、Sentinel SuperProハードウェアと100%互換性があります。
  • 強化されたセキュリティ – Sentinel HLのハードウェアベースのプロテクションキーは、すべて機密保護にすぐれたSmartCardチップを採用し、差分電力解析(DPA)や電子顕微鏡法など、悪意あるハードウェア攻撃に対抗しうる最高のセキュリティを提供します。
  • 高度なカスタマイズが可能 – 独自のロゴやテキストを入れられるスペースがあります。
  • 将来性 – 当社独自のUpdateOnChip™メカニズムを使用することで、すでに顧客のオフィスに展開されているキーに機能を追加したり、拡張したりすることができます。
技術的機能(フィーチャ):
  • 業界で先駆的なホワイトボックス暗号化
  • 高性能SmartCardチップにより、ソフトウェアを高速化し、操作効率を改善します
  • 標準の公開(鍵)暗号化アルゴリズム AES 128、ECC 163、RSA 2048 をサポート
  • 64,000を超えるAES暗号化キー
  • 2000を超えるフィーチャまたはアプリケーションを保護
  • 31 KBの保護されたメモリ
  • 機密保護された時間ベースのライセンシング向けSentinel V-Clock
  • コンカレントライセンシングのサポート(ネットワークシートのプリペイドプールの購入にはISVが必要)
  • Chipフォームファクタ、テープオンリールまたはデモサンプルによる
  • 利用可能な構成:ドライバレス
  • AppOnChip互換
  • ファームウェアを顧客自身でアップグレード可能
 
View 購入方法 リソースライブラリ

お問合せにはこちらのフォームをお使いください

日本
電話番号:03-5776-2751
こちらのフォームをご記入ください
ヨーロッパ
電話番号:44-01276-608000
こちらのフォームをご記入ください
アジア本社
電話番号:852-3157-7111
こちらのフォームをご記入ください

アメリカ
電話番号:866-251-4269
こちらのフォームをご記入ください

オフィスロケーション
パートナーを指定
オーダーに関するお問い合わせ
View 概要 リソースライブラリ