Contact Us
Header-Banner

Sentinel Envelope

ワンクリックで、使い易い保護機能

Sentinelエンベロップによる知的財産保護

Sentinel HASP Envelope は、ファイル暗号化、コード難読化、およびシステムレベルのデバッグ防止により逆行分析への強力な知的財産保護を提供する自動ファイルラッパーです。 これは、ソフトウェアに組み込まれているアルゴリズム、営業秘密、専門のノウハウをハッカーから確実に保護します。

ソフトウェアソリューションは実行可能ファイルとDLLからのみ構成されるわけではありません。それらはまたソフトウェアアプリケーションそれ自体よりもさらに大きい価値を持つ可能性があるデータファイルを含んでいるのです。 多くの場合、これらのデータファイルは詮索好きな目や盗用から安全に守られなければならない高度な機密性がある情報と知的財産を含んでいます。 Sentinel Envelopeは複数の無作為なレイヤーによる保護を各ファイルに作成し、ハッカーにとってそれを除去するのが非常に複雑で時間がかかるものにします。そして、ソフトウェアコードがエンドユーザのところに行く途中で暴露されないよう安全を確保するのです。

Sentinel Envelopeはどのように機能するのか 

データファイルを保護するためにSentinel Envelopeのツールは、アプリケーションをラップし、暗号化し、ソフトウェアのデータファイルへのアクセスをコントロールします。その結果、認証されたユーザとホスト側のソフトウェアだけが、それを解読してアップロードできます。 数秒で、最高のセキュリティとアクセスコントロールを、貴社のすべての製品スイートに対して手に入れることができます。 

Sentinel HASP ToolBoxはGUIベースのユーティリティで、貴社がSentinel Run-time APIに習熟してコードを生成し、そしてそれをソフトウェアのソースコードに組み込むのを支援します。

Sentinel HASP Run-time APIは、ソフトウェアのソースコードを通じてSentinel LDKの保護キーに直接コールし、アプリケーションを保護できるようにします。


 

今すぐ、無料のSentinel LDK開発者キットをダウンロードしてください!

View 仕様 リソースライブラリ

Sentinel HASPハードウェアキーへの複数の非侵襲的コール

Sentinel Envelope は、Sentinel HLのキーがソフトウェアのランタイム中にホストに接続されているかどうかをチェックすることに責任を持ちます。 復号化と暗号化の両方のメカニズムがAES 128ビットの暗号化を使うことで、完全に安全な双方向通信チャンネルがキーの存在を確認します。

多層的なシールド – 一番弱いポイントに対するセキュリティ

ラッピングメカニズムで保護されたアプリケーションで最も弱いポイントは、アプリケーションと外部的に加えられたコードの間にある継ぎ目です。 このポイントが無効にされると、ハードウェアキーへのリンクを切断し、アプリケーションの保護がない状態になります。 その結果、ここが、ほとんどの攻撃者が攻撃を試みるポイントになるのです。 攻撃者が、いったんコードを理解してその位置を認識すると、次に、以下の方法のうちの1つで操作を行います。

  • 特定のアプリケーションファイルの保護リンクを破壊 – 特定のハッカー
  • 同じメカニズムによって保護された他のすべてのファイルにおいて、まったく同じ方法が繰り返し表れる場合には、それらすべての保護リンクを破壊します – 一般のハッカー

Sentinel Envelopeの最も強力な機能の1つは、継ぎ目のポイントを保護する能力で、それは多数の障害物を提示することにより保護リンクが破壊されるのを防ぎます。これは、多層性の保護コード (保護プロセスの間、ダイナミックにアプリケーションファイルに追加される) を供給することによって達成されます。 列車のように、コードのこれらの断片は次々と合致するように、特別に設計されています。

View 機能とメリット リソースライブラリ
  • 自動ファイルラッパー - ファイル暗号化とネイティブコード難読化を通して、ソフトウェアのリバースエンジニアリングに対する堅固な保護を提供します。
  • ハードウェアへのアプリケーション再接続 - アプリケーションは保護キーによりハードウェアとしっかり結合します。.
  • 安全なコミュニケーションチャンネル - Sentinel LDKは、保護されたアプリケーションと保護キーの間のコミュニケーションに安全なチャンネルを提供することで、人が介在する攻撃を排除します。 Java Envelopeはこの機能を使い、ハッカーがコミュニケーションを傍受して、保護キーから返信されたデータにアクセスするのを防ぎます。
  • ランタイム復号化 - Sentinel LDKは、すべてのクラスファイルを仮想マシンに一度にロードするのでなく、むしろランタイムで要求されるごとにファイルを解読するので、ハッカーがすべてのアプリケーションを再構築するのを防ぐことができます。
View 購入方法 リソースライブラリ

お問合せにはこちらのフォームをお使いください

日本
電話番号:03-5776-2751
こちらのフォームをご記入ください
ヨーロッパ
電話番号:44-01276-608000
こちらのフォームをご記入ください
アジア本社
電話番号:852-3157-7111
こちらのフォームをご記入ください

アメリカ
電話番号:866-251-4269
こちらのフォームをご記入ください

オフィスロケーション
パートナーを指定
オーダーに関するお問い合わせ
View 概要 リソースライブラリ
Related Resources