Contact Us

ソフトウェア ライセンス許諾の管理

悪意のない不正使用もありますが、適切なライセンシングとエンタイトルメント管理のツールがなければ、ソフトウェア ベンダが使用状況を正しく把握することは難しく、またエンドユーザがコンプライアンスを達成することも困難です。ソフトウェア ライセンスの誤った使用は一般に大企業に多く見られ、具体的なケースとして以下が挙げられます。

  • 契約期間や利用期限を過ぎた後でソフトウェアを使用した
  • シートの共有 ― 複数のユーザが 1 つのライセンスを使用した
  • ライセンスのない機能を使用した

今日のエンドユーザ ライセンス コンプライアンス
コンプライアンスを達成することは、企業にとってますます大きな課題となっています。SafeNet が大企業各社のグローバル IT責任者を対象に行ったアンケートで、以下のことが明らかになりました。

  • 顧客の 23% は、ソフトウェア ライセンスのコンプライアンスを監視していない
  • IT 組織の 40% は、組織のどの部分でライセンスが利用されているかを把握していない
  • エンドユーザの 42% は、ライセンスの更新時期を知らない
  • 企業の 28% は、ライセンスの条項に違反してなんらかの金銭的または運用上のペナルティを課された経験がある
  • 企業の 20% は、ライセンス コンプライアンスの監査が実施された場合、ライセンス契約を遵守していると判定されると考えている

 

エンドユーザにおけるソフトウェア ライセンス コンプライアンスの達成
ソフトウェア ライセンスのコンプライアンスを保証する方法は明白です。

ソフトウェア ライセンス コンプライアンス管理と Sentinel ソフトウェア収益化ソリューション

SafeNet のセキュアな Sentinel ソフトウェア ライセンス ソリューションは、ソフトウェア ベンダによるライセンス契約とサービス アグリーメントの施行を可能にし、悪意または過失によるソフトウェアの誤った使用を防ぎます。

Sentinel エンタイトルメント管理ソリューションは、ライセンスの施行だけではなく、ソフトウェア ベンダによる顧客コンプライアンスと契約、およびアグリーメントの状態のトラッキングとレポート作成を可能にします。このようなインテリジェントな機能は、ソフトウェア ベンダが顧客のコンプライアンスを保持することだけでなく、アグリーメントのアップセルや更新を事前に提案することも可能にします。

Sentinel EMS には Web ベースの顧客ポータルも用意されています。このポータルでは、エンドユーザが個人や法人のアカウントの状態を確認してエンタイトルメントの状態やアクティベーション、または使用状況の履歴をトラッキングし、これらの情報をコンプライアンスの保持や予算立案に役立てることができます。

CTA - Have Questions-Software Monetization?_JP