Contact Us
Header-Banner

Sentinel LDKの受賞歴のあるセキュリティ

業界で最も安全なコピー保護ソリューション

業界で最も安全なコピー保護ソリューション

アプリケーションを物理的または電子的なコピーをエンドユーザに提供するソフトウェアパブリッシャにとっては、無断使用や再配布を防ぐ能力が最大の収益性を達成するための重要な要素になります。 使用される各ソフトウェアのコピーの料金をソフトウェアのベンダーが必ず得ることができるようにするために、Sentinel LDKは業界標準の128ビットAES暗号化アルゴリズムを採用しました。 これにより、ソフトウェアアプリケーションとSentinel保護キー間の強力なリンクが確立され、ソフトウェア著作権侵害を保護して、認証されたアプリケーションのみが使用されるようになります。

Sentinel HLのハードウェアベースのライセンシングによるコピー保護。 Sentinel HL キーに組み込まれたライセンスロジックは、Sentinel LDK’s patented LicenseOnChip™テクノロジを採用することで、ライセンスの安全性がハードウェア上で保たれて、改ざんから防止されるようにします。 ランタイムの時に、保護されたソフトウェアがSentinel HLキーに暗号化されたストリングを送信し、それを受けてキーがストリングを解読して、模倣できない独自の応答を生成します。

Sentinel SLのソフトウェアベースのライセンシングによるコピー保護。 Sentinel SLは仮想の保護キーで、エンドユーザのデバイスにインストールされて保存されます。 Sentinel SLは、エンドユーザのハードウェアからハードウェアフィンガープリントを作成し、特定のデバイスにライセンスをバインドすることで海賊行為を防止します。

Sentinel LDK はまたWhite-Box 暗号にてこ入れし、保護されたアプリケーションと保護キーの間の通信チャネルがリプレーできないようにする、すなわち、全体の保護スキームから排除されるようにします。 ホワイトボックス暗号方式は、暗号化キーを求める潜在的な攻撃者が保護されたアプリケーションとランタイムをトレースする可能性を考慮に入れています。 AESアルゴリズムと暗号化キーは、設計上このことを想定しており、特殊なベンダー固有のライブラリと置き換わります。それは、同じ暗号化を実装しますが、決してメモリ上には存在しないようなやり方で暗号化キーをアルゴリズムの一部として埋め込みます。このため攻撃者は暗号化キーを抽出することができないのです。

強力な知的財産の保護

ますます競争が激しくなっているソフトウェア業界では、詮索好きな目、操作、および盗用からソフトウェアコードを保護する能力は、財務面での継続的な成功と競争力がある立場を得ることにとって重要です。 だからこそSentinel LDKは安全なエンベロップソリューションのSentinel Envelopeを提供するのです。 これによりソフトウェアコードは、それがエンドユーザに行く途中に露出しても安全に保たれるのです。

Sentinel Envelopeは、ファイル暗号化、コード難読化、およびシステムレベルのデバッグ防止によりリバースエンジニアリングへの強力な知的財産 (IP) 保護を提供する自動ファイルラッパーです。 Sentinel Envelopeは、複数の無作為なレイヤーによる保護を各ファイルに作成し、ハッカーにとってそれを除去するのが非常に複雑で時間がかかるものにします。