Contact Us
Header-Banner

Tokenization Manager

トークナイゼーションで実現する高パフォーマンスの情報保護

Tokenization Manager

どのような業界においても、銀行口座番号や、メンバー ID、年金番号などの機密データを保護することは極めて重要です。SafeNet DataSecure アプライアンスを基盤とする暗号化ソリューションは、機密データのライフサイクル(作成、アクセス、保存、共有)全体を通してデータを保護する上で重要な役割を果たします。PCI コンプライアンスのためのトークナイゼーション技術を SafeNet のソリューションにインテグレーションすると、コンプライアンスの達成に要する時間とコストを抑えつつ、機密データの保護を強化することができます。

SafeNet Tokenization Manager は、SafeNet の暗号化ソリューションを補完する製品であり、アプリケーションのスムーズな動作とエンドユーザの透過的な操作を維持しながら、暗号化した情報を中央でセキュアに一元管理します。データのプライバシーに関する法律によって、国外への機密データの持ち出しを禁止している国もありますが、トークナイゼーションを利用すると、コンプライアンスに違反することなくフレキシブルにストレージを国外に配置できるようになります。SafeNet Tokenization Manager には、さまざまなインテグレーション オプションが用意されており、重要な IT コンポーネントに影響を与えることなく多種多様なデータを保護することができます。また、SafeNet Tokenization Manager によって監査対象のシステムが減少するため、監査コンプライアンスも単純化されます。

フォーマットを維持したトークナイゼーション

オンラインのクレジットカード決済やその他の機密データの転送で用いられるトークナイゼーション技術では、機密データを、必須情報が含まれたトークンで置き換えます。トークナイゼーションによって、データベース、アプリケーション、およびユーザは機密データを復号化することなく機密データにアクセスできます。トークナイゼーション技術では、機密データを暗号化トークンに変換する際に、元のデータと同じフォーマットが維持されるため、アプリケーションをシームレスに動作させることができます。認証のためにデータのサブセットが必要な場合は、マスキング機能も維持されます。

監査対象の減少

PCI コンプライアンスのための監査では、多くの場合、機密データが置かれている各サーバについて、コンプライアンスを確認し、証明する必要があります。SafeNet Tokenization Manager は、データベースやアプリケーション内の機密データをトークンの値で置き換えるため、監査の対象となるサーバの数が少なくなります。監査の対象が減少すれば、時間とコストの節約になります。

フレキシブルなデータ保護

SafeNet Tokenization Manager は、クレジットカード番号、年金番号、診療記録、運転免許証の情報、選挙人名簿、電子決済など、広範な情報を保護します。インテグレーションにはさまざまなオプションがあり、お客様の環境に最適なセキュリティ方式をフレキシブルに選択できます。適切なオプションを選択することで、ビジネスロジック、データベース アーキテクチャ、ストレージ システム、その他のクリティカルなエンタープライズ コンポーネントに影響を与えずに、より多くの種類のデータを保護できます。プロダクション データをテスト環境に移動またはコピーするときも、データを識別不能にしたりマスキングしたりするプロセスは不要で、追加の処理コストなしでデータを保護することができます。

View 仕様 Resource Library

トークンのフォーマット

  • マスキングされたデータ:XXXXX6789
  • ダッシュを含むデータ: 123-45-6789

生成およびストレージ オプション

  • 真の乱数
  • 連続番号
  • 最初の 2 桁
  • 最初の 2 桁/最後の 4 桁
  • ダッシュを含むデータ: 123-45-6789
  • 最初の 6 桁

サポートされている Web サーバとアプリケーション サーバ

  • Oracle、IBM、BEA、Apache、Sun ONE、JBoss、および J2EE 1.4 Web サービス プラットフォーム

Token Manager のデータ ストレージ

  • Oracle、Microsoft SQL

トークン ストレージがサポートされているデータベース

  • Oracle、Microsoft SQL Server
View 機能&利点 Resource Library

機能:

  • フォーマットを維持したトークナイゼーション ― トークン割り当ての際に一意の値またはトークンのフォーマットを定義して、アプリケーションやユーザの透過的な操作を維持します。
  • トークンの種類 ― 乱数、連続番号、最初の 2 桁または 6 桁、および最初の 2 桁と最後の 4 桁というオプションから選択できます。
  • 多種多様なデータをサポート ― クレジットカード番号、会員 ID、年金番号、運転免許証番号など、さまざまな種類のデータを保護します。

利点:

  • PCI コンプライアンス ― フォーマット維持のトークナイゼーションでクレジットカード情報を保護することにより、コンプライアンスを達成できます。
  • 監査コストの減少 ― 監査が必要なデバイスの数を制限することにより、時間とコストを節約できます。
  • 幅広いデータ保護 ― クレジットカード情報だけでなく、銀行取引データ、個人情報など、幅広い種類のデータを保護できます。
View 購入方法 Resource Library

お問合せにはこちらのフォームをお使いください

日本
電話番号:03-5776-2751
こちらのフォームをご記入ください
ヨーロッパ
電話番号:44-01276-608000
こちらのフォームをご記入ください
アジア本社
電話番号:852-3157-7111
こちらのフォームをご記入ください

アメリカ
電話番号:866-251-4269
こちらのフォームをご記入ください

オフィスロケーション
パートナーを指定
オーダーに関するお問い合わせ
View 概要 Resource Library
Tokenization: What you Need to Know