Contact Us

SafeNet のクラウド向けデータ保護


  仮想データセンターを保護する

ProtectV は仮想マシンのコンテンツ全体を暗号化して保護します。これにより、お客様は機密データのコントロールを維持し、プライバシーを確保しながら仮想ストレージのメリットを活用できます。

詳細

クラウドを保護する

ProtectV は、仮想インフラとデータの両方を保護する業界初の高信頼性ソリューションです。お客様はデータの完全な所有権、コンプライアンス、およびコントロールを維持しながら、クラウドへと自由に移行できます。

詳細

SafeNet のクラウド向けデータ保護

クラウドと仮想化は、新しいサービスの展開やインフラの拡張を即座に実行するための機動性と効率性をもたらします。ただし、物理的なコントロールが不十分で、クラウドの入口/出口ポイントが明確に管理されていない場合は、データの混合、特権ユーザの濫用、スナップショットとバックアップの複製、データの削除、データ漏洩、地理的な規制要件、クラウドのスーパー管理者などに関する、さまざまなセキュリティの問題が生じます。エキスパートによれば、暗号化こそクラウドの統一的なセキュリティ コントロールであり、これによって保護、コントロール、およびコンプライアンスを達成することができます。

SafeNet が提供する実証済みの暗号化およびエンタープライズ鍵管理ソリューションは、データの格納場所に関わらず、データのガバナンス、コントロール、および所有権に関するクリティカルな課題を解決することで、あらゆるクラウド環境の信頼性とコンプライアンス性を強化します。

データの複製&可視性の欠如

スナップショットとバックアップは毎日 (場合によっては毎時間) 自動的に作成され、クラウドに格納されます。これらがどこに格納され、また誰がこれらを移動したりコピーしたりできるのか、明確に把握していますか?不正なデータコピーが行われたとき、その操作を追跡できますか?

新しいタイプの特権ユーザ

仮想化およびクラウド コンピューティングでは、セキュリティ、ストレージ、サーバ、アプリケーション、クラウド セキュリティといった各分野の管理者の連携が必要です。これらの担当者は、企業にとって最も重要な機密データにアクセスすることができます。こうした担当者の人数が増えるほど、監査に漏れが生じたり、悪意を持つ管理者が出たりといったリスクが飛躍的に高まります

漏洩のリスク&データ損失のリスク

数分もあれば、不満を抱いた社員が仮想マシン全体を USB メモリにロードすることができます。仮想データは、仮想マシン間またはクラウド内を移動する間に簡単に失われたり、流出したりします。権限を持つユーザのみが所定のポリシーに従ってデータにアクセスしていると証明できますか?改ざんされた情報へのアクセスをブロックできますか?

 
 
view リソース
protectv-cta