Contact Us

仮想化およびクラウドのデータ セキュリティ ソリューション


クラウドのデータ保護

ProtectV によるクラウドデータの保護 - パープル クラウド

クラウドと仮想化の技術によって、即座に新しいサービスを実装してインフラを拡張できる俊敏性と効率性がもたらされます。しかし、物理的な制御が十分でない、または入口および出口が曖昧になっていれば、データの混合、特権ユーザの悪用、スナップショットおよびバックアップ、データ削除、地域により異なる規制要件、クラウド スーパー ユーザなど、様々なセキュリティの問題が生じる原因にもなりかねません。幸いなことに、エキスパートは、暗号化によってクラウドのセキュリティ コントロールの一元化、クラウドの保護、コントロール、および実装が可能になることを認めています。

SafeNet の実績のある暗号化および暗号鍵管理ソリューションは、データの保管場所に関わらず、データ ガバナンス、コントロール、および所有という重要な課題を克服することにより、クラウド環境を信頼できるコンプライアンス環境にします。

データのレプリケーションと不十分な可視性

スナップショットとバックアップは毎日、または毎時間行われ、自動的にクラウドに保存されます。保存先を知ってますか?移動またはコピーできるのは誰ですか?データの不正複製は追跡できますか?

特権ユーザのクラス追加

仮想化およびクラウド コンピューティングには、最も機密性の高いデータにアクセスするセキュリティ、ストレージ、サーバー、アプリケーソン、およびクラウド セキュリティ管理の連結が必要です。関与する人数が増えるほど、監査の不手際や管理者の不正などのリスクが急増します

不正利用およびデータ紛失のリスク

悪意を持つ従業員は、仮想マシン全体をサムドライブにロードするのには数分しかかかりません。仮想データは、VM とクラウド間で移動する際に簡単に紛失したり、危険にさらされたりします。ユーザーが許可されたポリシーの範囲内だけでデータにアクセスしていることを証明できますか?情報への不正アクセスを止められますか?

クラウドでデータを守る

利用者の声

AWS Security eBook
 
 
view クラウド セキュリティ ソリューション

クラウドの暗号化と認証ソリューション

SafeNet は、企業が仮想環境のコントロールを維持しながらクラウド コンピューティングのメリットを完全に活用できる総合的なクラウド セキュリティ ソリューションを開発しました。このソリューションは、データを重視しながら、既存のクラウド コンピューティング セキュリティを拡張できます。その結果、安全でシームレスなクラウドが展開できます。

クラウドと仮想データセンターの移行

クラウド データ保護のアイコン

ワークロードを仮想マシン (VM) およびクラウドに移行して環境の最適化を図る企業が増えています。機密性の高いデータを保管管理しなくてはならないため、仮想化は危険と考える人も少なくありません。 しかし、正しいセキュリティ構造を持つことにより、多くの企業が高価値データをクラウドや仮想データセンターに移行することができます。

SafeNet ができること:

 

クラウドの機密データの暗号化

ProtectV - クラウドのデータ保護のアイコン

SafeNet は、継続的なデータの保護、柔軟性の高い暗号化、アイデンティティ保護、安全なコミュニケーションを組み合わせたセキュリティ ソリューションの完全なエコシステムを提供します。このような機能によって SafeNet のお客様は、マルチテナントのクラウド環境でも、データを隔離、保護、共有する方法を完全に制御することができます。

  SafeNet の有効なソリューション:

  • ProtectV : 仮想およびクラウド環境全体を一括して暗号化および制御することにより、ビジネスの俊敏性を高め、コスト削減を実現します。続きを読む

  • KeySecure : 仮想化およびクラウド環境の機密データの保護に使われる暗号化キーの管理を一元化します。続きを読む

  • ProtectFile : 非構造化データを暗号化し、機密データのフォルダおよびファイルへのアクセスを管理します。続きを読む

  • ProtectDB : 企業の機密データおよび顧客情報を保管するクラウドのデータベースを暗号化します。続きを読む

 

安全なクラウドベースのアプリケーソン

ProtectApp アプリケーション暗号化のアイコン

アプリケーションを Software-as-a-Service (SaaS) および Platform-as-a-Service (PaaS) に移行しながら、企業の経費削減を実現し、ユーザのアクセスを向上させます。つまり、機密データは会社が所有または管理しない環境に保管されます。アプリケーションを常時保護することができなければ、制御不能や信頼に関連するリスクは計り知れません。

SafeNet ができること:

  • ProtectApp : 仮想マシンおよびクラウドでホストされるものを含む最も広く使われれているウェブ アプリケーション サーバーおよび企業アプリケーションを幅広くサポートする SafeNet KeySecure との組み合わせて実装されるアプリケーション暗号化ソリューション。続きを読む

  • SaaS セキュリティ : 一元管理される強固な認証を経由してクラウドベースのアプリケーションへのアクセスを保護します。続きを読む

 

SafeNet のクラウド配信「As-a-Service」商品

SafeNet 認証サービス クラウドのアイコン

SafeNet がクラウド環境向けに提供する認証および暗号化ソリューションで、企業は、増え続けるさまざまなエンドポイントでユーザによってアクセスおよび作成された機密データを保護しながら、応答性を向上させることができます。

SafeNet の有効なソリューション:

 

クラウドの安全な暗号キー

キー管理のアイコン

クラウドの仮想化という性質は、これまで社内に保管されていた機密情報を保護していた多くの制御ポイントを不要にします。管理者は、データの暗号鍵を管理制御する方法を確保し、特にデータがクラウドに存在する場合のデータの暗号鍵を制御する唯一の人物であることを確実にする必要があります。

SafeNetの有効なソリューション:

  • Luna Hardware Security Modules (HSM) は、FIPS および共通の基準が指定された暗号キー用ストレージ、一元管理されているキーおよびポリシー管理、高度な暗号化、および安全でコンプライアンスに対応したクラウドデータ処理の基盤を作るその他の制御機能を提供します。続きを読む

  • KeySecure:仮想化およびクラウド環境の機密データの保護に使われる暗号化キーの管理を一元化します。続きを読む

 

クラウドとの安全なデータ転送

高速ネットワーク暗号化のアイコン

オンサイト データセンターとクラウド ストレージを使用する企業は、その環境の間で高速化、低い待ち時間、および安全なコミュニケーションを確保する必要があります。SafeNet の高速暗号化により、企業は、すべてのクラウドベースおよび社内でホストするサイト全体で安全なコミュニケーションを確立し、生産性の向上、コスト削減、企業の柔軟性の改善を実現します。SafeNet 高速暗号化の続きを読む

view リソース

クラウド データ セキュリティ リソース

 


仮想データセンターとクラウド - ホワイトペーパー

クラウドのためのキーチェーン:プライベートおよびハイブリッド クラウド暗号化のためのベストプラクティス [オンデマンド ウェビナー]

暗号化により企業の形態および規模が拡大され、あらゆる分野の企業が仮想環境に移行する方法について詳しく説明します。このウェビナーでは、クラウドへの移行を検討している企業に「キーチェーン」を完成させるためのいくつかの重要な管理におけるベストプラクティスを紹介します。

仮想データセンターとクラウド - ホワイトペーパー

仮想データセンターとクラウドのデータ保護 - [ホワイトペーパー]

長期的で重要なセキュリティ対策において、暗号化は、仮想データセンターおよびクラウド環境のコンプライアンスを確保するための重要なコンポーネントとして浮上しています。しかし、そのような新しい環境において暗号化の効率性、効果性および安全性を確保するためには、満たしていなければならない基本的な要件がいくつかあります。本紙では、これらの要件の概要を説明します。

ProtectApp 製品概要

Informa - SafeNet ProtectV / KeySecure [事例]

ビジネス情報のプロバイダーである Informa にとって、データはミッション クリティカルです。同社は欧州のデータセンター全体をクラウドに移行することを考え、機密情報を保護しながら必要なセキュリティとコントロールを提供するデータ暗号化ソリューションを探していました。そして、SafeNet を見つけたのです。

クラウドおよび仮想環境における PCI-DSS の対応 - ProtectV - ホワイトペーパー

クラウドおよび仮想環境における PCI-DSS の対応 - ProtectV [ホワイトペーパー]

多くの企業が PCI DSS (PCIデータセキュリティスタンダード) 要件は困難であると認める反面、ほとんどの企業は、セキュリティとコンプライアンスはIT環境の進化に合わせて持続的な強化が必要となる成功するリスク管理戦略の一部であると認識しています。

view クラウド コントロールの概要
protectv-cta
CTA - 451 Research Report - AWS SKMS
CTA - Virtualization Cloud Workshop
SafeMonk for Enterprise