Contact Us
HSE バナー

二要素認証 (2FA) ソリューション

強固な認証でアイデンティティとデータを守る

二要素認証 (2FA)

安全なコンピュータのアイコン(紫)

クラウド アプリケーションおよびモバイル デバイスの普及に伴う ビジネス ニーズの進化により、様々な脅威およびコスト削減へのニーズも増え、アクセス コントロールに対する全く新しい考え方も必要となっています。

二要素認証 (2FA) は、企業ネットワーク、サービスとしてのソフトウェア (SaaS)、およびクラウド アプリケーションへの安全なアクセスを確保し、ユーザのアイデンティティを保護し、ユーザーが本人であることを証明するという重要な機能を担っています。

二要素認証は、以下の二つ以上の要素の組み合わせを要求することによりユーザーが自身のアイデンティティを証明できるようにしています。

  • 本人しか知らない何か – パスワードまたは PIN

  • 本人が保有する何か – トークンまたはスマート カード (二要素認証)

  • 本人自身の何か – 指紋など生態的要素 (二要素認証)

強固な認証には、ログイン時に複数の確認方法が必要となるため、データおよびアプリケーションへのアクセスする際の、最も安全な認証方法として幅広く認識されています。

SafeNet の 二要素認証(2FA) ソリューションに含まれるもの:

セキュアーなリモート アクセスのためのモバイルユーザー認証

ユーザー認証アイコン(青)

企業のリソースがクラウドベース、Web ベース、オンプレミス アプリケーションおよびデータベースなどに散在している場合、認証ポリシーを統合して、トランスペアレントで一貫性のあるアクセス制御を実装する必要があります。現代の企業は、自社ビル内の従業員を含む全従業員のリモート アクセスのセキュリティ課題への対応が必要です。

安全なリモート アクセスのための当社のソリューションについて学ぶ

安全な VPN アクセス

認証アイコン(紫)

モバイルユーザーが増え、リモートアクセス数も増えることにより、企業は安全な VPN アクセスの確保を模索しています。管理者は、すべての企業リソースに安全にアクセスするための整合性のある認証ポリシーを作成し、その認証ソリューションで、柔軟性、コスト効果、簡単な実装を実現する必要があります。

当社のソリューションがどのように VPN の安全を確保するか学ぶ

Citrix および VDI ソリューションへの安全なアクセス

ロックされたコンピュータ画面

Citrix が提供する仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) ソリューションの利用拡大により、企業は、固定式パスワードの脆弱性を克服し、整合性のある認証ポリシーを実装して、すべての企業オンライン リソースへのアクセスを確保するという課題を克服しなければなりません。

当社のソリューションがどのように VPI の安全を確保するか学ぶ

安全なクラウド アクセス

クラウド ユーザのアクセス アイコン

企業がクラウドに移行することにより、これまでの物理的な境界による安全の制御から、仮想インフラストラクチャによる制御という形に考え方も変化しています。データおよびアプリケーションがクラウドに移動されると、ユーザのアクセスはリモート制御されるようになります。したがって、企業は、クラウド内のアプリケーションおよびデータセンター内に確保されているアプリケーションに対するアクセス制御を実装しなければなりません。

当社のソリューションがどのように安全なクラウドへのアクセスを確保するか学ぶ

安全なネットワーク アクセス

ユーザー認証アイコン(青)

企業のローカル ネットワークへの不正アクセスによる企業スパイや APT 標的型攻撃の急増に対してIT リーダーの懸念が広がっています。単純なパスワードのみで保護された従業員のコンピュータや特権ワークステーションは、企業のネットワークを危険にさらしていることを意味します。

当社のソリューションがどのように企業ネットワークの安全を確保するか学ぶ

Web ベースのアプリケーションへの安全なアクセス

Webベースのアプリケーション アイコン

従業員のモバイル性を確保するため、企業はその規模に関わらず、セキュリティ ポリシーの統合管理、様々なレベルの保証、複数のエンドポイントによる安全な従業員のアクセス許可を実現する必要があります。前述をすべて提供する認証プラットフォームにより、企業は、Web ベースのアプリケーションおよびその他の企業リソースに対して統合されたアクセス ポリシーおよびシングル サイオン (SSO) が実装できます。

当社のソリューションがどのように Web ベースのアプリケーションの安全を確保するか学ぶ

コンテキスト(振る舞い)ベースの認証

コンテキスト(振る舞い)ベースの認証により、管理者が予め設定したポリシー ルールに従って、従業員は簡単かつ安全に企業および SaaS アプリケーションにアクセスできるようになります。ユーザが設定されたアクセス ルールに従わない場合は、アクセスが許可される前に、さらなる認証要素を提供するよう求められます。

当社のコンテキストベースの認証ソリューションについて学ぶ
view プロダクト

二要素認証リソース

企業内の認証サーバーは、企業ネットワークへの安全なアクセス、ユーザーのアイデンティティの保護、およびユーザーが提供するクレデンシャル情報の確認という重要な機能を担っています。 二要素認証によって企業および個人に与えられる貴重なデータを保護する能力について、以下のリソースを確認してください。

 

ガートナー社の「Magic Quadrant for User Authentication」 2013年版

ガートナーレポート- 「Magic Quadrant for User Authentication」

Magic Quadrant for User Authentication(マジック・クアドラントのユーザ認証分野)は、ガートナー社がユーザ認証ソリューション市場のベンダ各社についての評価を視覚的に表したものです。マジック・クアドラントでのベンダ各社の位置付けは、ベンダのビジョンの完全性と実行能力に基づいています。Gartnerはマジック・クアドラントにおいてSafeNetを市場の「リーダー」と位置付けました。

 

認証ベスト プラクティス ホワイトペーパー

ホワイトペーパー - Authentication Best Practices

最近では、要人のセキュリティ違反が急増し、企業にも業界紙の第1面記事の影響が及んでいます。このような記事は、企業の公的イメージにマイナスの印象を与え、ビジネスにも悪影響を与える可能性があります。そのため、多くの企業の CIO が社内のセキュリティ戦略全体を見直し、特にユーザ認証およびトランザクションのセキュリティ要件への強化を促す要因となりました。

 

死んだトークン。トークン万歳!ホワイトペーパー

ホワイトペーパー - The Token is Dead. Long Live the Token!

RSA 侵害がニュースになると、あちらこちらで、侵害された企業に対する哀れみがささやかれます。最近このような侵害が増えていることは事実であり、それは、穴のないネットワークは存在しないことを物語っています。

 

企業におけるスマートフォンとタブレットのホワイトペーパー

ホワイトペーパー - 企業におけるスマートフォンとタブレット

IT企業が携帯デバイスの使用を容認、抵抗、否定するかどうかに関わらず、現実は、企業における携帯デバイスの普及は増加し、根本的な影響の範囲を示しています。このホワイトペーパーでは、現在のIT企業で行われているパラダイム シフトを調査し、携帯デバイスの普及によるモバイル認証の影響に焦点を当てています。また、モバイル認証が効果的かつ安全に現在のIT環境で機能するための主な戦略をいくつか紹介しています。

view 概要
CTA - 2014 Gartner Magic Quadrant for User Authentication
Context-Based Authentication CTA
Next-Generation Authentication: Keys to Balancing Security and Convenience White Paper CTA