Contact Us
HSE バナー

SafeNet の二要素認証デバイス

USB トークン、スマート カード、及びその他認証フォームファクター

SafeNet の二要素認証デバイス ― USBトークン、スマート カード、フォームファクター

オレンジのトークン アイコン

SafeNet は幅広い認証方式とフォームファクターを取り揃えています。そのためユーザーは、非常に多くのユースケースや保証レベル及び脅威ベクトルなどに対して、集中管理された統合ポリシーを使って対処することが可能になります。これらのポリシーは、クラウドまたはオンプレミスで動作するひとつの認証バックエンドによって管理されます。

サポートされている認証方式には、ステップアップ機能との組み合わせで利用可能なコンテキストベースの認証、OOB、 ワンタイム パスワード(OTP)、X.509 証明書ベースの ソリューションなどが含まれます。すべての認証方式で、幅広いフォームファクターが用意されています。これには、スマート カード、USB トークン、ソフトウェア、モバイル アプリ、ハードウェア トークンなどが含まれます。

SafeNet の認証トークン:

ワンタイムパスワード(OTP)

OTP ジェネレータのアイコン

動的なワンタイムパスワード (OTP) 生成し、クリティカルなアプリケーションやデータへのユーザーのアクセスを適切に認証。認証トークンやモバイル デバイスによる認証、及びグリッドベースのマトリクス認証が可能です。

OTP についての詳細を読む


SafeNet の OTP(ワンタイム パスワード) 製品:

  • eToken PASS:コンパクトでポータブルな、強固な認証デバイスです。OTP(ワンタイム パスワード) ベースのアクセス コントロールを簡単かつ効率的に行えるようにします。詳細

  • eToken 3500:革新的なバンキングオンライントランザクション用 認証トークンです。セキュアなトランザクション署名と OTP(ワンタイム パスワード)の強固な認証を組み合わせることで、金融サービス機関が抱えるオンラインでの金融詐欺のリスクを大幅に削減することが可能になります。詳細

  • GOLD チャレンジ レスポンス:SafeNet の GOLD 認証デバイスは、ID やセキュア アクセスを保護するために設計された、非常に効果的な二要素 OTP(ワンタイム パスワード)デバイスです。PIN プロテクションとチャレンジ レスポンスを追加することで、セキュリティをさらに強化します。詳細

 

証明書ベースの USB 認証トークン

青色認証トークンのアイコン

SafeNet の証明書ベースの USB 認証デバイスは、セキュアなリモート アクセスに加えて、デジタル署名、パスワード管理、ネットワーク ログオン、物理アクセスと論理アクセスの共用といった高度なアプリケーションへの対応を、ひとつの USB トークン で行えるようにします。

USB トークンについての詳細を読む


SafeNet の USB トークン

  • eToken PRO:強固なユーザー認証とコスト効果が高いパスワード管理を実現する、USB ベースの認証デバイスです。詳細

  • eToken PRO Anywhere:業界初のクライアントへのドライバーインストール不要のスマート カードベースの USB 認証デバイスです。証明書ベースの強固な認証機能にワンタイムパスワードのシンプルさとモバイル性を兼ね備えています。詳細

  • eToken 5100:最新のスマート カード技術を採用したポータブルな二要素認証 USB 認証デバイスです。証明書ベースの技術を活用し、ユーザークレデンシャル(資格情報)を、スマート カード チップの保護された環境内で生成・保管します。詳細

  • eToken 5200:ゼロ フットプリントの USB 認証デバイスです。ユーザーが、Webベースの アプリケーション、SSL VPN、クラウド アプリケーション、Webベースのポータルなどへのセキュア アクセスを、クライアントソフトウェアを使わずに任意のコンピュータで行えるようにします。詳細

  • iKey 4000:マッチ オン カード方式のバイオメトリック機能をオプションで備えた、多要素認証用の USB 認証デバイスです。リモート アクセス、検証、署名および暗号化の際に、セキュアな PKI 、多要素認証を実現します。詳細

 

証明書ベースのスマート カード

スマート カードのアイコン

SafeNet の証明書ベースのスマート カード は、強力な多要素認証をサポートする、カード型の認証トークンです。企業の PKI セキュリティとアクセス コントロールのニーズに対応します。

スマート カードについての詳細を読む


SafeNet のスマート カード

  • eToken PRO Smart Card:強固なユーザー認証、パスワード管理、セキュアなデジタル署名、そしてデータ セキュリティ ソリューションの構築を可能にする、証明書ベースの強固な認証ソリューションです。詳細

  • eToken 4100:センシティブな企業ネットワークやオンライン ビジネス アプリケーションへの許可されたユーザによるアクセスを可能にし、さらにデジタル署名やプリブート認証などの高度なソリューションをサポートします。詳細

  • Smart Card 400:広範なアプリケーションのサポートやバイオメトリック機能、そしてセキュアな暗号化キー ストレージを提供することで、高レベルのセキュリティを実現します。詳細

  • Smart Card 650:今日使える中で最もセキュアな証明書ベースのスマート カードです。Smart Card 650 は、ユーザーの認証クレデンシャルをセキュアに保存し、鍵生成と保管、暗号化と復号化、そしてデジタル署名をサポートしています。詳細

  • uSmart Card 650:Smart Card 650 (SC650) と Trust Platform Module (TPM) 機能を micro SD フォームファクター内に統合した、モバイル デバイス用のカードです。詳細

 

ハイブリッド認証システム

OTP トークンのアイコン

SafeNet の先進的で革新的なハイブリッド認証システムは、ワンタイム パスワード(OTP)、暗号化機能搭載のフラッシュメモリー、または証明書ベースの認証方式をひとつの強固な認証デバイスに統合することで、多様なニーズに柔軟に対応します。

ハイブリッド トークンについての詳細を読む


SafeNet のハイブリッド認証システム

  • eToken NG-FLASH:USB 認証デバイス内のスマート カード ベースの技術の強固なセキュリティと、暗号化フラッシュメモリーの利点が組み合わされています。詳細

  • eToken NG-FLASH Anywhere:クライアント不要でゼロ フットプリントの、証明書ベースの認証デバイスです。16 GB の暗号化されたフラッシュ ドライブ ストレージを備えています。詳細

  • eToken NG-OTP:ワンタイム パスワード機能とセキュアでポータブルなクレデンシャルストレージが、ひとつの USB 認証デバイスの中で組み合わされています。詳細

  • iKey 1000:スマート カード チップ内の保護された環境で、秘密鍵やデジタル証明書などのユーザークレデンシャル(資格情報)を生成・保管できる USB デバイスです。詳細

  • eToken 3400:パスワードの代わりにログイン画面で鍵入力する動的なワンタイム パスコードを生成することで、企業のリソースやアプリケーションへのリモート アクセスの安全を保ちます。詳細

  • eToken 7300:証明書ベースの認証ソリューションです。最大 64GB の暗号化対応フラッシュメモリーに、データとアプリケーションをセキュアに保存します。詳細

 

携帯電話およびソフトウェア認証

モバイルデータ保護のアイコン

携帯電話とソフトウェア ベースの認証トークンを使用することで、ハードウェアや導入にかかるコストを劇的に抑えることが可能になります。また、ユーザーにとっては、ハードウェア トークンを持ち運ぶ必要がなくなるというメリットもあります。

ソフトウェア認証についての詳細を読む


SafeNet のソフトウェア認証製品:

  • eToken Virtual:ソフトウェア ベースの認証セキュリティ ソリューションです。セキュアなリモート アクセス、ネットワーク アクセス、デジタル署名をサポートするフル機能の PKI を提供します。詳細

  • MobilePASS:二要素の強固な認証がもたらすセキュリティと、ユーザーのモバイル デバイスや PC 上で ワンタイムパスワードを生成できる利便性を兼ね備えています。詳細

 
view 詳細

SafeNet の認証デバイスについての詳細

現代社会における認証 ― 白書

現代社会における認証 ― ホワイトペーパー

高まりつつあるリスク、モバイル デバイスの急増、そしてクラウドベースのサービスの採用などに取り組むために、企業の認証への依存が高まってきています。ですが、過去の戦術的アプローチではもう十分とは言えません。

MobilePASS を使ったセキュアなリモート アクセス ― ケース スタディ

MobilePASS を使ったセキュア リモート アクセス ― ケース スタディ

あるスポーツとエンターテイメントに関わる組織によって、SafeNet Authentication Manager (SAM) が選ばれました。この SafeNet の汎用的な認証サーバは、2種類の認証システムで構成されています― MobilePASS ソフトウェア認証システムと eToken PASS ハードウェア トークンです。

現代社会における認証 ― 白書

認証強化へのベストプラクティス ― ホワイトペーパー

最近では、要人のセキュリティ違反が急増し、企業にも業界紙の第1面記事の影響が及んでいます。このような記事は、企業の公的イメージにマイナスの印象を与え、ビジネスにも悪影響を与える可能性があります。そのため、多くの企業の CIO が社内のセキュリティ戦略全体を見直し、特にユーザ認証およびトランザクションのセキュリティ要件への強化を促す要因となりました。

view 概要
CTA Get MobilePASS new
CTA - Auth Decision Guide