Contact Us
Header-Banner

ProtectV™ – 仮想マシンとクラウド データ保護

仮想およびクラウド環境全体の統合暗号化と制御

ProtectV – 仮想マシンとクラウド データ保護製品の概要

データセンター リソースのクラウドへの安全な移行

クラウドのデータを保護するための業界初の高可用性ソリューション「ProtectV」は、プライベート環境で最も厳しく管理されているデータでもクラウドに安全に移行することを可能とします。仮想化されたクラウド環境全体の暗号化と管理を一体化し、ビジネスの機敏さを高め、コスト削減を実現にします。

企業は、暗号化キーへのアクセスと制御を常に安全に行うことができます。さらに、ProtectV によって、企業はクラウド環境における特定のセキュリティおよびコンプライアンス要件にも対応できます。

ProtectV の使用例

ProtectV による仮想化データセンターのセキュリティ強化

ProtectV クラウド データ保護 - オレンジ クラウド

機密性の高い管理されたデータのセキュリティによってデータセンターの仮想化が守られてきました。これにより、データセンターのさらなる仮想化における企業のコスト削減が実現され、将来的にクラウドを活用する機能を含むビジネスの機敏性を制限します。

繊細なワークロードをセキュアーにクラウドに移動

ProtectV によるクラウドデータの保護 - パープル クラウド

機密性の高いデータのセキュリティは、クラウド移行において最優先されます。自分が管理しない環境のセキュリティとコンプライアンスを維持する能力がなければ、企業がワークロードをクラウドに移行しても運用コストを劇的に削減できません。

 

AWS/VMware 版 ProtectV 

アマゾン ウェブ サービス (AWS) EC2 の拡張機能を使用する、Amazon VPC を活用して仮想ネットワークで AWS リソースを実行する、または仮想データセンターで VMware EC2 を実行する場合でも、ProtectV はクラウドをいつでも使える安全な状態を保ちます。

ProtectV は、仮想マシンと附属するストレージ ボリューム全体でインスタンスを暗号化します。さらに、仮想マシンのインスタンスはすべて、ProtectV StartGuard が定めた認証による認証なしに実行できません。 

AWS/VMware 版 ProtectV のロゴ

HP AllianceOne CloudSystem Ready パートナー

View 仕様 リソースライブラリ

クラウド プラットフォームのサポート対象:

  • AWS マーケットプレース

  • AWS EC2 / VPC

  • VMware vSphere

ProtectV は、仮想サーバー プロビジョニング システムの自動化および統合用 API、およびスクリプト作成およびバルク操作用 CLI をサポートしています。

最小システム要件:

ソリューション AWS VMWare

ProtectV Manager:

m1.medium 以上のインスタンス

2 vCPUs、4GB RAM、Single NIC / VMXNET3 Ethernet Adaptor、3 ハードドライブ パーティション (8GB 0:0 / 10GB 0:1 / 4GB 0:2)

ProtectV Client:

m1.small 以上のインスタンス、100MB 空き容量

256MB RAM、100MB 空き容量


ProtectV Client サポート プラットフォーム:

オペレーティングシステム / プラットフォーム AWS VMWare 物理仕様

Microsoft Windows Server 2003 R2 (32 ビット)

Yes

Yes

Yes

Microsoft Windows Server 2003 R2 (64 ビット)

Yes

Yes

Yes

Microsoft Windows Server 2008 (32 ビット/64 ビット)

Yes

Yes

Yes

Microsoft Windows Server 2008 R2 (64 ビット)

Yes

Yes

Yes

Microsoft Windows Server 2012 (64 ビット)

Yes

Yes

Yes

Linux CentOS 6.2 (64 ビット)

Yes

No

No

SUSE Linux Enterprise Server (SLES) 10 SP4、64 ビット

No

Yes

No

SUSE Linux Enterprise Server (SLES) 11 SP1、64 ビット

No

Yes

No

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 5.8、64 ビット

Yes

Yes

No

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 6.2、64 ビット

Yes

Yes

No

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 6.3、64 ビット

Yes

Yes

No

注:ProtectV を使用する場合は、SafeNet KeySecure または DataSecure が必要です。

View 機能とメリット リソースライブラリ

データ オーナーシップの管理および運用柔軟性の向上


  • 全データ暗号化(スナップショットおよびバックアップなどのアーカイブを含む)

  • 仮想マシン インスタンスのコピーおよびスナップショットをすべて追跡 

    • アクセス権限なしでのインスタンスの作成不可

    • すべてのデータ コピー操作の監査

    • 違反発生時の許可/キー/アクセスの無効化

  • StartGuard プリ-ブート認証

    • ProtectV Manager による VM に対するロールベースの認証を一括して定義および強制

    • 定義されたユーザおよびグループの管理者に対する関連認証

    • 2段階起動ローダーによりブート処理およびネットワーク処理をOSローディングから分離

  • 機密データの特殊検索不要

  • セキュリティとインフラ管理機能を分離

ProtectV は物理、仮想、クラウドのデータを総合的に保護する唯一のソリューションです


  • 物理、仮想、クラウド構造の総合的なデータ保護とポリシー管理

  • 保存場所に関わらずデータを制御および監視する1枚のガラス

  • データセンターの仮想化を増やし、クラウドへの移行を可能にすることによるコスト削減

  • Windows および Linux 対応

ProtectV が解決する仮想化およびクラウド移行におけるコンプライアンスの課題


  • 物理、仮想、クラウド インフラストラクチャ全体のコンプライアンス要件を保持しながら仮想化およびクラウド インフラストラクチャに移行

  • コンプライアンス要件をインフラ要件と切り離し、規制コンプライアンスを損なうことなくビジネス俊敏性を最大限に高める

  • 共有および公共環境のデータに対する合法的な強制の通知を確認する

  • PCI DSSHITECH/HIPAA、およびEU データ保護指令を含む仮想およびクラウド環境のコンプライアンス要件に対応

View 仕組み リソースライブラリ

ProtectV ソリューションのコンポーネント: 

  1. ProtectV Manager – 仮想マシン インスタンスおよびその暗号化/復号化を管理し、セキュリティ管理の詳細およびポリシーを作成および管理する一体化コンソール。

  2. ProtectV Client – 仮想マシン インスタンスまたはデータセンターのサーバーにインストールされ、関連する ProtectV Manage セキュリティ ポリシーおよびストレージに保管されている許可および暗号化データに基づいた StartGuard 起動前認証を要求するクライアント。

  3. KeySecure/DataSecure – ハードウェア アプライアンス (3a) または仮想プラットフォーム内に仮想セキュリティ アプライアンス (3b) として提供される強化された常に利用可能な企業用のキー/クリプト管理ソリューション。

View 試用/購入する リソースライブラリ

ProtectV を試用/購入する方法

 
  1. AWS 顧客ですか?今すぐ AWS マーケットプレースで ProtectV を購入する!
  2. AWS または VMware で30日間無料の ProtectV Instant ON Trial をお試しください。

AWS マーケットプレースのロゴ

  



                           



                           

  

その他の購入オプション

このフォームを使用して、今すぐ営業部門ご連絡ください。

欧州・中東・アフリカ
電話:+44-01276-608000
この簡単なフォームに記入してください
米国営業タイプ 1
電話:443-327-1235
この簡単なフォームに記入してください
オフィス所在地
パートナーを探す
オーダのお問合せ?ここで連絡先情報をご覧ください。
View 概要 リソースライブラリ
AWS Marketplace Badge
protectv-cta
CTA - ProtectV Product Overview Video
CTA - ProtectV Product Brief