Contact Us
Header-Banner

クラウドマイグレーションの準備

仮想データセンターのセキュリティを確立してクラウド コンピューティングを準備

VMWareのグループ製品マネージャGargi Mitra Keelingによるクラウド移行に関する談話

クラウド コンピューティングは、企業、政府機関、小規模ビジネスがデータを管理する方法を根本から変えています。多くの企業にとって、柔軟性のある従量制のクラウドサービスを使用することは、ビジネスに重要なアプリケーションや社内データを実行するコスト効果の高い魅力的な方法となっています。実際、従来のデータセンターからクラウドに移行したいと思わない企業はほとんどありません。

クラウドコンピューティングは、コスト削減、実装期間の短縮、拡張の柔軟性、システムの強化、重量課金制による自由なコンピューティングなど、さまざまな利点をもたらす反面、データ制御、セキュリティ、可視性などの課題も生み出しています。

しかし、企業が公共のクラウド環境でインフラを変更するには限界があるため、組織内におけるクラウドコンピューティングに関連する課題に対応するためにクラウドへの移行に向けた仮想化をまず行います。

クラウドのデータ制御とユーザー アクセス

クラウド データ保護のアイコン

物理サーバーの一部またはデータセンター全体を移行する計画の有無にかかわらず、データ制御、セキュリティ、可視性という課題は変わりません。特に、企業が何百もの物理サーバーを移行する場合は、深刻な問題に発展します。

仮想マシンを積極的に制御するには、データの安全性を確保する所有者および責任当事者として、ユーザーの権限およびスーパー管理者アクセスの制御、不正な複写の防止、可視性不足の対応、未加工データ漏えいの軽減、コンプライアンス監査における決定的証拠の提示が求められます。

SafeNetは、仮想データセンターからパブリッククラウドへの移行を、移行実時のキー管理を含む、標準の方法、ツール、ポリシーを確定する様々なソリューションで準備します。

View クラウド移行ソリューション リソースライブラリ

SafeNet のクラウドマイグレーションパス

ハードウェア ストレージからクラウド コンピューティングまで、どの段階でも SafeNet のセキュリティ ソリューションは、移行が簡単です。

アマゾンWebサービスを使ったパブリック クラウドへのセキュアーな移行

  • AWS マーケットプレース版 ProtectV は、機密性の高いワークロードを作成から各トランザクション、処理先の変更、各スナップショット、クラウド内での保管など、ライフサイクル全体で保護します。

  • AWS マーケットプレース 版 Virtual KeySecuree は、ProtectVで保護された仮想インスタンスおよびその他のキーをAWSクラウドで実行する強化された仮想セキュリティ アプライアンスを使用して一元管理し、暗号化の一元管理、仮想およびクラウド構造へのアクセス管理を行い、機密データに対するセキュリティの強化およびコンプライアンスを可能にします。

  • AWS CloudHSM のLuna SAは、AWS クラウド内のシングルテナント アプライアンス専用の「レンタル可能」なハードウェア セキュリティ モジュール (HSM) サービスを暗号の保管用に提供し、データ暗号化に使用される暗号化キーを安全に生成、保管、管理することにより、ユーザー管理者による許可によってのみアクセス可能にすることができます。

AWS 版 ProtectVの続きを読む AWS版Virtual KeySecureの続きを読む Luna SA HSMの続きを読む

VMware仮想データセンターのセキュリティ

ProtectV クラウド データ保護 - オレンジ クラウド
  • ProtectV は、仮想マシンによる完全暗号化、起動前認証、高い保証キー管理の組み合わせを実現できる唯一のソリューションです。


  • KeySecure は、ProtectVで保護された仮想インスタンス、その他のキーの管理を強化された仮想セキュリティ アプライアンスを使用して一元管理します。


  • Luna SA ハードウェア セキュリティ モジュール (HSM) は、データ暗号化に使用される暗号化キーを安全に生成、保管、管理するために必要な複数パーティションによる暗号用ストレージを提供します。


ProtectV の続きを読む KeySecure の続きを読む Luna SA HSMの続きを読む

データセンターをクラウドに拡張

クラウド データ セキュリティのアイコン

アプリケーション サーバーをオンプレミスに設置、またはクラウドに拡大しているかどうかに関わらず、物理サーバー、仮想マシン、またはクラウド上のデータの保護を実現するためには、信頼できるセキュリティ プラットフォームの構築に依存します。DataSecureProtectAppなら、マルチテナントのパブリック クラウドでも、重要な情報およびアプリケーションの安全を確保します。


DataSecure 認証サービスの詳細 ProtectApp 認証サービスの詳細


View 購入方法 リソースライブラリ

お問合せにはこちらのフォームをお使いください

日本
電話番号:03-5776-2751
こちらのフォームをご記入ください
ヨーロッパ
電話番号:44-01276-608000
こちらのフォームをご記入ください
アジア本社
電話番号:852-3157-7111
こちらのフォームをご記入ください

アメリカ
電話番号:866-251-4269
こちらのフォームをご記入ください

オフィスロケーション
パートナーを指定
オーダーに関するお問い合わせ
View 概要 リソースライブラリ
protectv-cta
CTA - 451 Research Report - AWS SKMS