Contact Us
Header-Banner

エンドポイント プロテクション ソリューション

ファイルとフォルダ レベルのデータの暗号化とアクセス コントロール

テクノロジーが進歩するにつれて、ハッカーや悪意を持った社員による機密データの侵害もより高度になり、一般化しています。企業は、エンドポイント プロテクションにより、危険にさらされている機密データ、人事記録、政府秘密情報、および知的財産を自信を持って保護できるようになりました。  

ProtectFile は、エンドポイント プロテクションのための SafeNet のファイル サーバ ソリューションです。これは堅牢なデータ暗号化を提供して、会社や政府関係機関が入手可能な最も信頼できるセキュリティを導入できるようにし、既存の一元管理システムを活用してオーナーシップのコストを大幅に抑えることができます。

ProtectFile のハイライト:

  • ファイルやフォルダを暗号化して、機密データへのアクセス権を暗号に基づいて施行します。

  • さまざまな認証方式を導入して、既知の信頼できる ID にのみ暗号化されたデータへのアクセスを許可します。

  • ユーザから見えず、バックグラウンドで実行されるため、ユーザのトレーニングが不要です。

ProtectFile – ファイル暗号化ソリューション

ProtectFile のアイコン

ProtectFile:データセンターのサーバに存在する非構造化データを保護できるようにするため、データを暗号化し、ローカルやリモート サーバのハード ドライブ、ネットワーク ドライブ、およびファイル サーバに保存された機密フォルダやファイルへのアクセスをコントロールします。

製品の詳細を見る
CTA - ILP WP
Data Security - The Foundation of Compliance WP EN