Contact Us
Header-Banner

セキュアな電子請求書

データ コンプライアンスのアイコン

電子請求書発行の実現にとって、信頼性は重要な要件です。暗号化公開鍵インフラストラクチャ (PKI) を装備したデジタル署名は、電子請求書発行の信頼性を確立する手段を意味します。デジタル署名が何らかの侵害を受ければ、電子証明書のインフラ全体が信頼性を失い、侵害を受けます。

デジタル署名を侵害から保護するには、デジタル署名自体の中心にある暗号鍵を確実に安全に保つメカニズムが必要です。この認識により、多くの組織がハードウェア セキュリティ モジュール (HSM) を使用して、電子請求書発行に使用される秘密鍵をプロテクトしています。


電子請求書発行のための SafeNet HSM(ハードウェア セキュリティ モジュール)

SafeNet ハードウェア セキュリティ モジュール (HSM) は、デジタル署名の中心となる暗号鍵の安全を物理的および論理的に確保する専用システムです。

HSM(ハードウェアセキュリティモジュール) が電子請求書発行に使用される方法:

  • 電子請求書はセキュアな秘密署名鍵を使ってデジタル署名されます。この秘密鍵は認証局の管理タスクを実行できる HSM を必要とします。

  • HSM はこの鍵をそのライフサイクルに渡ってアプライアンスの安全な領域に保管します。

  • HSM は、組織がデジタル認定された請求書を安全に保ち、証明する当事者の身分証明を暗号化によって送り状に結合します。

ハードウェア セキュリティ モジュール アイコン

暗号鍵を一元管理の強化されたデバイスに保管することにより、HSM はバラバラで安全確保が不十分なプラットフォームに収容された資産に関連するリスクを排除することができます。また、この一元管理により、セキュリティ管理を大幅に簡素化することができます。

SafeNet HSM による電子請求書発行の利点:

  • 請求書の完全性を確保

  • 受け取りと発送の否認防止の提供

  • セキュアな電子トラッキングとストレージ

  • 大量の送り状収容に対応

  • セキュリティの強化とコンプライアンスの確保

  • コストの削減

  • FIPS 検証と共通基準認定

HSM の続きを読む ホワイトペーパーのダウンロード

eInvoicing image
eInvoicing
CTA Anchor of Trust HSMs WP