Contact Us
ヘッド バナー

HIPAA コンプライアンス要件と EHR セキュリティ

プライバシー規則の厳守

HIPAA コンプライアンスの厳守

オレンジのコンプライアンス チェックリストのアイコン

米国医療保険の携行性と責任に関する法律 (HIPAA) では、すべてのヘルスケア機関に対して、患者情報の機密性および整合性を保護するようにデザインされた厳しい規定に従うことを定めています。

HIPAA では、事業体に対して、セキュリティ、不正使用、または情報の開示で当然予想される脅威または危険に対する安全策を講じ、規制に違反した場合には、厳しい民事および刑事上の処罰を設定するよう義務付けています。

患者の秘密保持基準の違反には、最大25,000ドルの罰金、場合によっては禁固刑が科せられます。

HIPAA コンプライアンスの要点:

HIPAA では、すべてのヘルスケア機関に対して、患者情報の機密性および整合性を保護するようデザインされた厳しい規定に従うことを定めています。ここでは、SafeNet がヘルスケア機関の HIPAA コンプライアンス要件への対応をどのように支援するかについて紹介します。

  • SafeNet の暗号ソリューションは、完全な企業データ保護を簡単に統合できます。

  • 保管、処理、使用中の電子診断記録 (EHR) の保護

  • 様々なアクセスレベルでスケーラブルかつ柔軟性のある管理

  • 許可された場合のみ重要データへのアクセスを可能にする多要素認証および承認機能


詳しい情報を要求する

View EHR セキュリティ リソースライブラリ

患者情報の安全

EHR セキュリティのアイコン

HIPAA および HITECH 法の複雑なコンプライアンス要件を舵取りするヘルスケア企業は、最も手ごわい規定「プライバシー規定」に順守してきました。定義されたセット以外で禁止された EDI セット内のすべての患者データを保護する暗号化ソリューションを適用することは、大きなIT課題であることが実証されています。効果的な実装とは、これらの取引基準を安全に遵守するのみでなく、企業のIT構造内で管理可能でなくてはなりません。

ヘルスケア業界が電子診断記録 (EHR) への移行に直面するにつれ、重要な患者データの保護において暗号化技術は重要な役割を担うようになります。SafeNet のデータ保護ソリューションは、保管、処理、使用中の機密データを保護し、サイバーセキュリティの脅威に対する完全な保護を提供します。

SafeNet 暗号化およびキー管理による EHR セキュリティ

  • SafeNet は、患者情報を保護し、トランザクションの種類とユーザを細かく区別できる安全、スケーラブル、およびコスト効果の高い記録の暗号化およびキー管理ソリューションを提供します。

  • データベース暗号化およびディスクとファイルの暗号化によるフィールド、ファイル、デバイスレベルの強力なデータの暗号化

  • 役割ベースのデータ アクセスを中央管理

  • 管理業務を用意にする総合キー管理

  • 複数のシステムおよびプラットフォームに適用可能


詳しい情報を要求する

View 購入方法 リソースライブラリ

お問合せにはこちらのフォームをお使いください

日本
電話番号:03-5776-2751
こちらのフォームをご記入ください
ヨーロッパ
電話番号:44-01276-608000
こちらのフォームをご記入ください
アジア本社
電話番号:852-3157-7111
こちらのフォームをご記入ください

アメリカ
電話番号:866-251-4269
こちらのフォームをご記入ください

オフィスロケーション
パートナーを指定
オーダーに関するお問い合わせ
View HIPAA コンプライアンス リソースライブラリ
Healthcare Top Ten
CTA HIPAA Checklist