Contact Us
Header-Banner

データ保護の原理と会社の方針

「コンサルティングとチェックリスト」アプローチが機能しない訳

データ コンプライアンスのアイコン

多くの企業が「コンサルティングとチェックリスト」のアプローチでコンプライアンスに対応しています。ベンダーのコンサルタントは、現地に常駐し、チームはチェックリストに沿って点検を実施し、すべての管理事項が正しく機能し、すべての機密データが適切に保護されていることを確認します。 

この方法は、企業が既に何を実施しているかを分析し、問題やギャップがあればそれを修正します。通常この作業には数週間または数か月かかります。この方法の問題は、次にコンプライアンスの課題が生じた場合に、最初からやり直さなければならないことです。 

この方法の問題は、重複、技術に直結しない、ポリシーがつぎはぎになることであり、それにより、ポリシーを会社全体に適用し、強化することが難しくなります。規定やインフラストラクチャをわずかに変更しただけでギャップが生じ、非効率であるほかに、管理および可視性が損なわれます。


将来を見据えたコンプライアンスの展望 

データ保護ポリシーを適用する方法は他にもあります。まず、多くの要請の基礎となる重要な情報セキュリティの原則に目を向けます。 

  • データの機密性を確保する。

  • データの整合性を維持する。

  • 機密データのあるシステムと管理者の業務を強制的に分離する。

  • 機密データおよび関わる活動の監査およびログ記録を保管する。


承認スタンプのアイコン

この原則を念頭に置いた上で、インフラ中心の取り組み、つまり、これらの共通性をサポート、管理、実行可能なインフラを構築することにより、より効率よく、監査の通過、規制の遵守、ビジネスゴールの達成を実現します。このシステム全体が、企業全体にさまざまな状況を持つシステムの現在のニーズに対応します。これは、規定およびポリシーを常に実施する方法を提供します。

このポリシーの適用には以下のメリットがあります。

  • 暗号化のクリープを取り除く

  • 暗号化のサイロを減らす

  • 管理者が誤ってセキュリティおよびコンプライアンスに穴を開けてしまうリスクを減らす

  • コンプライアンスの「つぎはぎ」を排除する

  • 短期間で時間、費用、リソースを大量に節約する



コンプライアンスに効果の高い方法を開発する:

認証、暗号化、暗号管理製品を完全装備する SafeNet は、費用と複雑性を軽減しながらコンプライアンスを実現するインフラ中心のセキュリティ ソリューションを提供します。

SafeNet コンプライアンス管理のメリット:


データ保護の詳細を要求する データ保護製品の検索
Sustaining PCI Compliance in the Cloud - CTA
Ensure secure remote access for your employees