Contact Us

クラウド サービスプロバイダ用セキュリティ

クラウドサービス内容の拡大と信頼の獲得による利益の拡大

認証、暗号化、鍵管理ソリューションにより、クラウド サービス提供内容を拡大するとともに、ARPU の向上、オペレーションの簡素化、および責任とコストの軽減を実現します。

 

お客様に、機密データのライフサイクル(作成、アクセス、共有、保管、および移動)全般に渡り、プロテクションと所有権の明確化を与える暗号化、アクセス コントロール、および鍵管理ソリューションの唯一の完備したポートフォリオを提供します。データセンターからクラウドまで、貴社の顧客はビジネスの進む方向がどこであっても、データがプロテクトされ、コンプライアンスを維持し、コントロールされた状態を保つことができます。

  • データ漏洩の法的責任を負うリスクを排除し、貴社の顧客にクラウドでのコンプライアンスの維持を可能にします

  • 貴社の顧客に暗号化と鍵管理サービスを提供して、彼らがデータをプロテクトおよびコントロールできるようにするとともに、規制要件に対応できるようにします

  • ネットワークやモバイル デバイスからクラウド アプリケーションまで、顧客が ID、トランザクション、企業全体でのセキュアなアクセスをコントロールおよび管理できるようにします。

仮想作業負荷でのデータの保護

ProtectV クラウド アイコン

ProtectV の使用により、貴社は適応した仮想セキュリティ コントロールを提供することにより、顧客が仮想データセンターやクラウドに移行する際に、データの安全を保ち、一貫したセキュリティ ポリシーを維持して、物理セキュリティと仮想セキュリティのギャップを埋めることができるようにします。

 

クラウド データへのセキュアなアクセス

SafeNet 認証サービス

SafeNet Authentication Service (SAS) は、完全に自動化された、無記名の、カスタマイズ可能な、柔軟なトークン オプションがあるアズ・ア・サービス認証を、信頼できるクラウド環境で提供することにより、ユーザー当たりの平均収益 (ARPU) の向上を実現するとともに、オペレーション コストを低減します。

 
クラウド データ保護のアイコン
SafeNet グローバル データ保護のアイコン

「当社の顧客が検討する必要がある主なリスク要素は、当社のクラウドで自分のデータにアクセス権を持つお客様自身のスーパーユーザーであり、顧客データへの不正アクセスを許容しないコンプライアンス コントロールやガバナンスを当社が適切に導入しているかを確認することです。ProtectV で顧客データが暗号化されていれば、顧客のリスクや心配を最小限にできます。なぜなら、顧客はそのデータを所有しており、データの鍵は顧客が所有しているからです。」

– Savvis 社クラウド CTO、Ken Owens 氏

CTA - SAS 無料トライアル