Contact Us
Header-Banner

ProtectApp:アプリケーション保護ソリューション

機密扱いのフィールドやアプリケーション データを作成時に暗号化します

ProtectApp:アプリケーション保護とセキュリティ

SafeNet ProtectApp は、アプリケーションの保護とセキュリティを最も高いレベルで実現する、アプリケーション暗号化ソリューションです。業界内で広く使われている Web アプリケーション サーバーや企業アプリケーションをサポートする、SafeNet KeySecureと組み合わせて実装します。

ProtectApp は、標準API アプリケーション プログラミング インタフェースをサポートしているため、アプリケーション データの暗号化および復号化サービスを簡単に追加することができます。

ProtectApp を使用すると、暗号化処理をアプリケーション サーバー上で行えるほか、KeySecure アプライアンスに処理をオフロードすることで、さらに効率的な中央集中化された処理を行うことができます。ProtectApp は、業界標準のOASIS KMIP (Key Management Interface Protocol) をサポートしているため、暗号化キーの中央集中化したライフサイクル管理を行うことが可能です。

図: ProtectApp によるアプリケーション レベルでの鍵管理

ProtectApp には、以下の利点があります:


  • PCI DSSHIPAAEU 指令 などの基準や法規制へのコンプライアンスを支援します。
  • SafeNet KeySecure を使って、アプリケーションの暗号化ポリシーや暗号化キーの管理を集中化します。また、他の SafeNet 暗号化製品によって、複数の層のデータを暗号化します。
  • 職務分掌により、特権を持つ管理者が機密データにアクセスできないようにします。
  • 強固な API サポート、サンプル アプリケーション インテグレーション、標準プロトコルのサポートなどによって、アプリケーションの実装を加速します。
  • SafeNet KeySecure アプライアンスに暗号化処理をオフロードすることで、パフォーマンスが向上します。
View 仕様 Resource Library

アプリケーション保護の仕様

サポートされている Web アプリケーション サーバ

Apache Tomcat、IBM WebSphere、JBoss、Microsoft IIS、 Oracle WebLogic、SAP NetWeaver、Sun ONE

アプリケーション プログラミング インタフェース

ICAPI/KMIP、JCE/KMIP、MSCAPI、.NET、PKCS#11

暗号化アルゴリズム

3DES、AES、DES、RC4、RSA (署名と暗号化)、SHA-I、SHA-2

ICAPI プロバイダのサポートされているプラットフォーム

  • Red Hat Enterprise Linux 5.4 以降
  • Microsoft Windows 2003、2008 R2、7 (32ビットおよび 64ビット)
View 機能&利点 Resource Library

ProtectApp フィーチャの特徴 :

  • PCI DSS、HIPAA、EU 指令、データ漏えいに関する州法などの基準や法規制へのコンプライアンスを支援します。
  • SafeNet KeySecure を使って、アプリケーションの暗号化ポリシーや暗号化キーの管理を集中化します。また、他の SafeNet 暗号化製品によって、複数の層のデータを暗号化します。
  • 職務分掌により、特権を持つ管理者が機密データにアクセスできないようにします。
  • 強固な API サポート、サンプル アプリケーション インテグレーション、標準プロトコルのサポートなどによって、アプリケーションの実装を加速します。
  • SafeNet KeySecure アプライアンスに暗号化処理をオフロードすることで、パフォーマンスが向上します。

ProtectApp 利点のハイライト:

  • ソフトウェア開発に時間やコストを費やさずに、カスタマイズしたアプリケーションを保護します。
  • ビジネス パートナーや新規ベンダとのコラボレーションにより、許可および認証されたユーザーだけが機密データにアクセスできる、デジタル サプライ チェーンを構築できます。
  • 業務やアプリケーションのパフォーマンス、エンドユーザーの使い勝手に影響を与えずに、情報を透過的に暗号化します。
View 購入方法 Resource Library

お問合せにはこちらのフォームをお使いください

日本
電話番号:03-5776-2751
こちらのフォームをご記入ください
ヨーロッパ
電話番号:44-01276-608000
こちらのフォームをご記入ください
アジア本社
電話番号:852-3157-7111
こちらのフォームをご記入ください

アメリカ
電話番号:866-251-4269
こちらのフォームをご記入ください

オフィスロケーション
パートナーを指定
オーダーに関するお問い合わせ
View 概要 Resource Library
CTA - ILP WP
View Free Application Protection Webinar!
CTA - An Enterprise Guide to Key Management