Contact Us
Header-Banner

エンタープライズ全体の暗号鍵管理

企業が保有する暗号鍵を、保管場所に関わらず集中管理

中央集中鍵管理システムのアイコン

SafeNet は、効率的でセキュアな、そして集中化した暗号鍵とポリシーの管理を企業が行えるようにし、企業全体にわたる鍵管理を鍵のライフサイクルを通して支援します。SafeNet のソリューションを使うと、異種の暗号化プラットフォームの鍵を管理することができます。Key Management Interoperability Protocol (KMIP) 仕様だけでなく、専用インタフェースもサポートします。

今や、企業のセキュリティ チームは、すべての機密データに対する暗号化ポリシーと鍵を一様に表示し、管理できるようになりました。データの保管場所がクラウドだろうと、ストレージやデータベースだろうと、事実上どこに保管されていても管理が可能になったのです。


[ビデオ] 鍵管理に関わるお客様の体験談:



SafeNet 暗号鍵管理プラットフォーム:


KeySecure

SafeNet KeySecure のアイコン

KeySecure は、暗号鍵とアプリケーションの集中管理を単体で実現するプラットフォームです。企業全体で暗号化を利用する場面が大幅に増加している中、KeySecure を活用することで、セキュリティ チームは暗号化キーの管理を拡大していくことが可能になります。これには、鍵生成、鍵のインポートとエクスポート、鍵の交換などが含まれます。

続きを読む

DataSecure

DataSecure 鍵管理のアイコン

要求が非常に多い処理環境でも、DataSecure はデータベースとアプリケーションに対して最高レベルのセキュリティを実現します。画期的なパフォーマンスと高い可用性を備え、ストリームライン化した実装を実現します。DataSecure は、データ センターと仮想環境の両方で、暗号化、トークン化、および鍵管理をサポートします。

続きを読む

これらの SafeNet エンタープライズ鍵管理プラットフォームは、たとえ他のコントロールに侵害があった場合でも暗号鍵や機密データに対して高レベルなセキュリティを実現する、多層的な防御戦略を策定することを可能にします。

SafeNet の鍵管理ソリューションは以下を可能にします:

セキュリティの増強

オレンジの暗号鍵アイコン

中央の強固なアプライアンスに鍵を保管・管理することで、効果的なセキュリティ コントロールを継続していく上で必要な、可視性と管理機能を手にすることができます。

データの可用性を確保

データの可用性のアイコン

セキュアな鍵のストレージと高い可用性、そしてスケーラビリティを備えていることで、SafeNet のソリューションは暗号鍵をいつでも利用できるようにします。そのため、データは常時使用できる状態になります。

管理の効率化

管理のアイコン

管理者は、さらに素早く簡単に、そして効率的に鍵とポリシーの集中管理を行うことができます。システムやアプリケーションの管理をインフラストラクチャ層での処理や保管データから分離することで、特権ユーザーが機密データを閲覧できないようにします。

コンプライアンスの持続

コンプライアンス チェックリストのアイコン

中央集中化された鍵管理プラットフォームによって、SafeNet のお客様は、厳しいデータ セキュリティ ポリシーやコンプライアンス要件(財務データ向けの PCI-DSS、医療情報向けの HIPAA など)へのコンプライアンスを確実に実施することができます。

クラウドの利点を活用

クラウド データ セキュリティのアイコン

SafeNet の鍵管理プラットフォームを活用することで、クラウドや仮想化環境がもたらす低コストや俊びん性といった利点を享受できるのと同時に、セキュリティ ポリシーの一貫した施行を継続することが可能になります。


CTA - Importance of Key Management for Storage WP
CTA Chart Path Key Mgmt
CTA Enterprise Key Managment CTA

What People Are Saying