Header-Banner

ProtectDB : データベースの暗号化と保護

データベース上の構造化された機密データの保護

ProtectDB:データベースの暗号化と保護

SafeNet の ProtectDB ソフトウェアは、データ センターやクラウド内のデータベースに格納されている自社や顧客の機密データに対して、強力なデータベース暗号化によるデータベース保護を行います。ProtectDB には、データの暗号化を複数のレベルで、また複数の処理中に実行できる柔軟性があります。 

SafeNet DataSecure ソリューションは、中央集中化された暗号鍵管理によって、データ センターや仮想化環境でよくみられる異種混在環境内のデータベースのセキュリティを強化し、簡単にデータを暗号化できるようにします。サポートするデータベースの数は実質的に無制限です。ProtectDB と DataSecure を組み合わせて使うことで、商用データベース暗号化ソリューションの中で最高レベルのセキュリティを実現できます。

SafeNet ProtectDB の特徴:

セキュアなコラボレーション

ProtectDBは、構造化データの包括的な保護との、セキュアなコラボレーションを促進するために役立ちます。ProtectDB は、データベース内のファイルまたはカラム(列)レベルでの暗号化、アプリケーション層での暗号化、バッチ方式でのデータ変換処理中やトランザクション処理中の暗号化など、さまざまなデータの暗号化に柔軟に対応します。

永続的なデータベース保護

ProtectDB を DataSecure と組み合わせて使うことで、暗号化されたデータを、そのライフサイクル全体を通してセキュアに保護することが可能になります。また同時に、許可されたユーザーと処理だけに、必要に応じてレコードを復号できる権限を与えることができ、機密データへの完全なアクセスコントロールを実現できます。ライフサイクル全体を保護することで、データベース外部の脆弱ポイントを排除することが可能となり、データベースのセキュリティを全体的に向上させ、コラボレーションを促進します。

職務分掌

セキュリティ管理者とデータベース管理者の職務分掌により、スーパーユーザーによるアクセスのリスクを回避することが、多くの法令・規制によって求められています。ProtectDB は、複数人による承認ポリシーによって、1 人の管理者が他の管理者の承認を得ずにクリティカルな設定変更を行うことを防止します。

暗号の中央集中管理

SafeNet の集中管理された暗号化システムは、企業全体にわたって、さまざまな Web アプリケーション、アプリケーション サーバ、データベース、ファイル サーバ、ストレージとアーカイブ、そして仮想化環境の暗号化を支援します。また、非常に信頼性の高い鍵管理システムにより、データの暗号化に使用するすべての鍵を管理することができます。


View 仕様 Resource Library

技術仕様

 

サポートされているデータベース

  • Oracle  
  • Microsoft SQL Server  
  • IBM DB2 
 

データベース暗号化アルゴリズム

  • AES
  • 3DES  
  • DES  
  • RSA (署名と暗号化)  
  • RC4  
  • SHA-I  
  • ACSHA-I  
 

サポートされるプラットフォーム

  • Microsoft Windows  
  • Linux  
  • UNIX 
 

View 機能&利点 Resource Library

フィーチャ:

データ セキュリティのアイコン
  • きめ細かい保護 ― ファイルまたはカラム レベルでのきめ細かい暗号化により、ライフサイクル全体を通してデータの所有権を守ります。
  • 中央集中管理 ― 鍵、ポリシー、構成定義を中央集中管理することによって、セキュリティ管理を単純化し、コストを抑えます。
  • 実証済みのアルゴリズム ― 実証済みの暗号化アルゴリズムと、ID およびアクセス ポリシーの強力な保護機能を組み合わせることで、最高レベルのデータベース セキュリティとデータベース暗号化を実現します。
  • コントロールされたアクセス ― 管理者の職務分掌のためのポリシーを設定することで、コンプライアンスを達成し、リスクを軽減します。

利点:

  • 成長への対応 ― データベース内のデータが永続的に保護されているという自信を背景に、パートナーシップの構築や顧客ベースの拡張、新たなビジネスチャンスの追及などに取り組むことができます。
  • セキュアなコラボレーション ― ビジネス パートナーや新規ベンダとのコラボレーションにより、許可および認証されたユーザーだけが機密データにアクセスできる、デジタル サプライ チェーンを構築できます。
  • 生産性の向上 ― 業務、データベースのパフォーマンス、およびエンドユーザーの使い勝手に影響を与えずに、情報を透過的に暗号化できます。
  • クラウド対応 ― ProtectDB によってクラウド内で暗号化を行い、DataSecure によってオンプレミスで暗号と鍵のキャッシングを行うことで、パフォーマンスを最大にし、待ち時間を最小限にすることができます。 
protectDB_diagram.jpg

View 購入方法 Resource Library

お問合せにはこちらのフォームをお使いください

アメリカ
電話番号:866-251-4269
こちらのフォームをご記入ください
ヨーロッパ
電話番号:44-01276-608000
こちらのフォームをご記入ください
アジア
電話番号:866-251-4269
こちらのフォームをご記入ください

アメリカ連邦関連
電話番号:443-327-1235
こちらのフォームをご記入ください

オフィスロケーション
パートナーを指定
オーダーに関するお問い合わせ
View 概要 Resource Library
View Free Application Protection Webinar!

What People Are Saying