Contact Us
ヘッド バナー

構造化データの保護

データベースやアプリケーション内の規制されたデータを暗号化

構造化データのセキュリティ ソリューション

構造化データは、定義したパラメータを使って整理、分析するのが最も簡単なものであり、組織は情報に迅速にアクセスできるこの機能を多く利用しています。しかし、脅威への対応と、業界規制や法令遵守に対するプレッシャーは増大しており、多くの企業が特定の情報に誰がアクセスできるかを管理するソリューションを必要としています。

データベースやアプリケーションに存在する機密の規制されたデータに対して、SafeNet は暗号化およびトークン化ソリューションを提供して、そのライフサイクル全般に渡って情報のセキュリティを確保します。組織は、許可された個人のみが機密情報を復号化して閲覧できるようにすることにより、データの管理を維持し、コンプライアンス基準を満たすことができます。

SafeNet グローバル データ保護のアイコン
当社では、顧客データをプロテクトするために、長年に渡り SafeNet を使用してきました」

– US Cellular 社、Matt Haynes 氏


 SafeNet の構造化データ暗号化ソリューションは、ファイル レベルや列レベルの暗号化、元データのフォーマットを維持したトークン化、暗号化ポリシーや暗号鍵の一元管理などにより、きめ細かなプロテクションを提供します。職務分掌の施行により、権限のある管理者であっても、データセンターのすべての情報を見ることはできませんが、管理者の業務を行うのに必要なツールや管理機能は確保されています。

おそらく最も重要な結論としては、SafeNet の構造化データ暗号化ソリューションは、ビジネス活動、パフォーマンス、またはエンドユーザの使用感を妨げない透過性にあると言えるでしょう。組織は、生産性を犠牲にすることなく、クラス最高のセキュリティを導入できます。

View プロダクト リソースライブラリ

SafeNet では、保存データ暗号化およびデータベースやアプリケーションのトークン化により、組織の構造化データのプロテクトやコンプライアンスの達成に役立つ、いくつかのプロダクトを提供しています。

構造化データのプロテクション用 SafeNet プロダクト:

Tokenization Manager

SafeNet Tokenization Manager

SafeNet Tokenization Manager は、組織に入ってくる機密データをプロテクトし、規制対象の範囲とコストを低減することにより、規制 (PCI DSS および HIPAA など) へのコンプライアンスを促進します。

製品の詳細を見る

ProtectDB

SafeNet ProtectDB

SafeNet ProtectDB を使用すれば、組織は Oracle、Microsoft SQL Server、または IBM DB2 を暗号化できます。きめ細かな画期的プロテクションは組織に対して、ファイル レベルまたは列レベルの暗号化による、データのライフサイクルを通じてデータのオーナーシップの維持を可能とします。

製品の詳細を見る

ProtectApp

SafeNet ProtectApp

SafeNet ProtectApp はSafeNet KeySecureと組み合わせて導入される、業界で最も広く使用されている Web アプリケーション サーバーやエンタープライズ アプリケーションを幅広くサポートするアプリケーション暗号化ソリューションです。

製品の詳細を見る
View 詳細 リソースライブラリ

保存データ暗号化リソース

SafeNet データ保護のアイコン

Importance of Key Management for Storage Security (ストレージのセキュリティにとって重要な鍵管理) - ホワイトペーパー

ここ数年、データの機密保持とプライバシー保護の必要性の増大により、企業での保存データの暗号化は非常に切実な価値要件となっています。それにより、多くの個別ストレージ暗号化ソリューションが、カスタマイズされた鍵管理システムとともに導入され、その数は増え続けています。

SafeNet データ保護のアイコン

Securing Seismic Images in Storage (ストレージの地震画像を保護) - ホワイトペーパー

エネルギーや石油化学企業では膨大な量の機密データを管理しており、ニュース報道で明らかになるように、こうしたデータ資産はしばしば侵入の危険にさらされています。エネルギーや石油化学企業内のストレージ システムは、地震画像、財務や法定記録、その他の重要な知的財産を含む、事実上すべての機密ファイルを保持できる中央保管場所であり、これは犯罪組織、民族国家、悪意を持ったインサイダーにとって、主要ターゲットを意味します。

SafeNet データ保護のアイコン

The Current State of Encryption and Key Management (暗号化と鍵管理の現状) - ホワイトペーパー

暗号化は数十年に渡って使用されてきましたが、最近の変化は著しく、さらに変化することは確実です。近年、暗号化の使用は増加し続けていますが、同様に脅威の数と範囲も拡大しています。

SafeNet データ保護のアイコン

Safeguarding Sensitive Data in Cloud Virtual Datacenters (クラウド仮想データセンターの機密データの保護) - ホワイトペーパー

多くの組織が仮想化とクラウド サービス提供モデルへの移行を進めていますが、それにもかかわらず、こうした環境には多くの組織が対処しなければならない大きなセキュリティ上の課題が存在しています。

View 概要 リソースライブラリ
CTA - Benefits of Migrating to Storage WP
Breach Level Index Site