Contact Us
Header-Banner

ProtectV™

ProtectV™ ソリューションによるセキュアな仮想インスタンスとボリューム

仮想データセンターまたはクラウドに移行することで、リソースをオンデマンドで利用できるようになり、ビジネスにとって大きなメリットとなります。しかし、このような環境で企業のガバナンス、コンプライアンス、およびデータ保護の規制に効果的かつ永続的に対応することは、IT チームとセキュリティ チームにとって非常に難しい課題です。

専用ハードウェアのために設計された従来のインフラのセキュリティ コントロールは、仮想環境に適しているとは限りません。仮想データ ライフサイクルや仮想データには独特のリスクが存在します。データのスナップショットやバックアップがいくつもあり、それらを簡単に移動することはおろか、コピーや盗難まで簡単にできてしまうのです。管理者やその他の特権ユーザは、単独で作業することが少なくありません。このことが、マルチテナント環境でのデータの混同などの課題を引き起こし、クラウド サービス プロバイダと企業内のスーパー ユーザの間の職務分掌といった問題につながります。プライベート クラウドや、仮想データセンターのような独立性の強い環境でも、データは依然として平文で格納されていることが多く、データ流出のリスクにさらされています。

ProtectV は、仮想データセンターおよびクラウド内のデータを安全に保護する業界初の包括的な高信頼性ソリューションを提供します。これにより、企業はデータの完全な所有権、コンプライアンス、およびコントロールを維持しながら、仮想環境やクラウドへ自由に移行できます。  

データ保護

ProtectV は物理的なセキュリティと仮想セキュリティのギャップを埋め、適応性の高い仮想化ソリューション コントロールを提供します。これにより、企業はデータを安全に保ち、VMware vCenter などの仮想データセンターやクラウドへの移行におけるセキュリティ ポリシーの一貫性を維持できます。機能拡張が容易な Amazon Web サービス EC2 を使用する場合も、仮想ネットワーク内で AWS リソースを実行するための Amazon VPC を活用する場合も、ProtectV ならクラウド対応のセキュリティを確保できます。 仮想マシンとストレージ ボリュームの完全な暗号化に起動前認証を組み合わせることで、セキュリティ チームは重要な情報資産を適切に分離し、共有のマルチテナント クラウド内でもデータの所有権を常に維持できます。

データ コンプライアンス

PCI DSS や HIPAA HITECH といった数多くの業界規制や政府規制に対して企業が自社のコンプライアンス ステータスを維持するには、データがどこにホストされていて、誰がホストしているかに関わらず、セキュリティ管理者が適切にコントロールし、信頼できる監査証跡を提供できなければなりません。ProtectV と SafeNet KeySecure を併用することで、データと鍵の所有権を明確に管理および保証する、信頼性の高いデータ コンプライアンス ソリューションを実現できます。

ガバナンスの証明

仮想環境およびクラウド環境では、セキュリティ ポリシー管理者と IT 管理者が重要な情報資産に対する職務とコントロールの分掌を確実に維持する必要があります。さらにクラウド環境の場合、セキュリティ チームは情報資産のコントロールを維持しながら、クラウド特有の限られた可視性を克服しなければならないため、この問題はさらに複雑になります。 ProtectV を使用すると、単一の一元化されたポリシー施行と監査ポイントによって優れた可視性を得ることができ、企業とそのコンプライアンス監査人がガバナンスを確実に証明できます。

View 仕様 リソースライブラリ

技術仕様

VMware vCenter のような仮想データセンター、Amazon Web サービス EC2/SB3 のようなパブリック クラウド、または Amazon VPC のようなプライベート クラウドなど、データを格納する場所がどこであっても、ProtectV Manager なら定義済みのイメージを使用して簡単に展開できます。ProtectV には、ポリシー、ユーザとロール、システムの監視、およびイベント管理を操作するためのユーザフレンドリーな GUI が用意されています。さらに、機動性を高め、プロビジョニングを迅速に行うために、自動化や仮想サーバのプロビジョニング システムとの統合を可能にする API と、スクリプティングやバルク オペレーションのための CLI が用意されています。

サポートされているプラットフォーム

サポートされている OS

サポートされているブラウザ

Amazon Web サービス EC2
Amazon VPC
VMware vCenter


Microsoft Windows Server 2008 32 ビット

Internet Explorer 8、9
 
Microsoft Windows Server 2008 R2 64 ビット


Firefox 4.0.1、5.0、6.0
 
Microsoft Windows Server 2003 R2 64 ビット


Google Chrome 12.0 以降
 
Linux CentOS 5.5 64 ビット、CentOS 5.6 64 ビット

 
 
Linux CentOS 5.6 32 ビット

 
 
Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 5.6 32 ビット/64 ビット

 
View 機能&利点 リソースライブラリ
  • 仮想マシンおよびストレージの完全な暗号化

  • データ レベルのきめ細かいアクセス コントロール

  • OS のパーティション内に格納されているデータまで保護

お客様のメリット:職務の完全な分離と分掌

業界初の高信頼性ソリューション

  • オンプレミス、ハードウェアベースの鍵管理

  • 保護されている仮想マシンの起動は許可された認証ユーザだけが可能

お客様のメリット:データと鍵の所有権の明白なコントロール/証明

クラウド セキュリティに対する優れた可視性

  • データの不正コピーや隠れたコピーは無駄に

  • アクセス イベントの信頼できる監査ログ

お客様のメリット:単一の一元化されたポリシー施行と監査ポイント

セキュリティ = クラウドへの自由な移行

信頼できる「金庫」によってライフサイクル全体を通して完全な保護を実現

仮想マシンおよびストレージ ボリュームの完全な暗号化:

  • 仮想マシンの信用の基礎

  • 仮想マシン全体および関連するストレージ ボリュームのきめ細かい暗号化を実現

  • 始めにデータが暗号化されるまではディスクに書き込まれない。

  • OS のパーティション内に格納されているデータまで保護

「耐タンパー性」の起動前認証:

  • 適切な認証がなければデータにアクセスできない

  • データ レベルのきめ細かいアクセス コントロール

  • セキュリティ チームは共有のマルチテナント環境でも重要な情報資産を適切に分離し所有権を維持できる。

データと鍵の所有権を明確に管理および保証する業界初の高信頼性データ コンプライアンス ソリューションにより、データを保護してスーパー ユーザの濫用を防止。

  • 管理者とユーザの間の職務分掌:

  • 保護されている仮想マシンは、許可された認証ユーザのみがロールベースの暗号化ポリシーを使用して起動できる

  • 分離されたオンプレミス、ハードウェアベースの鍵管理

  • スムーズな統合:

  • API ベースの迅速なプロビジョニングに対応するための透過性確保と時間短縮、およびスクリプトの自動化。

単一の一元化されたポリシー施行と監査ポイントにより、クラウド セキュリティについての優れた可視性を獲得。

  • ガバナンスの証明:

  • データの不正コピーや隠れたコピーは無駄に

  • アクセス イベントの信頼できる監査ログ

View 仕組み リソースライブラリ

お問合せにはこちらのフォームをお使いください

日本
電話番号:03-5776-2751
こちらのフォームをご記入ください
ヨーロッパ
電話番号:44-01276-608000
こちらのフォームをご記入ください
アジア本社
電話番号:852-3157-7111
こちらのフォームをご記入ください

アメリカ
電話番号:866-251-4269
こちらのフォームをご記入ください

オフィスロケーション
パートナーを指定
オーダーに関するお問い合わせ
View 概要 リソースライブラリ
protectv-cta